ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  医療支援部門のご案内  心臓リハビリテーション
ここから本文です。

心臓リハビリテーション

福岡逓信病院では平成18年1月から循環器科を開設することになりました。
今までも内科の循環器専門医師が中心となり、心臓カテーテル検査やペースメーカー植え込み術、不整脈のカテーテルアブレーション治療など専門的な検査、治療を行ってきましたが、今回、循環器科を開設と同時に「心臓リハビリテーション」を開始します。

心臓リハビリテーションとは

「心臓病の患者さんにリハビリテーション」と言われてもピンと来ない人が多いのではないでしょうか? 整形外科や脳外科の患者さんのように手足の運動の障害があるわけでもありません。

むしろ、狭心症や心筋梗塞など心疾患のある人は安静が重要で、運動は危険なのではないかと思われるかもしれません。しかし、最近の研究から心臓病の患者さんの生命予後と生活の質を改善するためには、心臓リハビリテーションが極めて有効であることがわかってきました。

心臓リハビリテーションの現状

欧米に比べ、日本ではまだ心臓リハビリテーションを行っている施設が少なく、特に福岡市においては、ほとんど行われていないため、多くの患者さんがその恩恵を受けられていないのが現状です。

福岡逓信病院では、近隣の急性期の循環器治療病院とも連携し、一人でも多くの患者さんに心臓リハビリテーションの効果を提供したいと考えています。

運動プログラムの内容と目的

心臓リハビリテーションでは、呼気ガス分析などで心肺機能を検査し、その人にあった運動処方に基づく安全な運動プログラムを行います。 同時に、病気の原因を理解し、食事や運動、薬などの知識を身につけるための学習プログラムやカウンセリングなどを行います。 医師、看護師、検査技師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、臨床心理士など多くの職種とのチーム医療としてプログラムを進めていきます。

このような包括的心臓リハビリテーションでは運動耐容能や症状の改善だけでなく死亡率低下も報告され、 何よりも患者さんの表情が日々明るくなることが認められます。長期にわたって病気の再発を防ぎ、質の高い社会復帰を目指します。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です