ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  医療支援部門のご案内  経鼻内視鏡検査
ここから本文です。

経鼻内視鏡検査

鼻から挿入して行なう経鼻内視鏡検査には、「苦痛が少ない・吐き気が起きにくい・検査中も会話ができる」というメリットがあります。 内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることがないため、挿入による不快や吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。

経口挿入・経鼻挿入の違いのイラスト

また、経鼻内視鏡検査では、検査中でも医師と会話ができます。 質問をしたり、気分を伝えたりできるので、安心して検査が受けられます。 経鼻内視鏡は一般の内視鏡と比較すると画質がやや劣り、行える処置も限られます。

また、患者さんの容態によっては、鼻からの挿入が難しい場合もあります。 しかし、がんは早期に発見・治療をすれば、治る可能性も高くなります。 より負担の少ない経鼻内視鏡の登場によって、内視鏡検査がさらに身近なものになることが期待されています。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です