ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  医療支援部門のご案内  ソケイヘルニア治療
ここから本文です。

ソケイヘルニア治療

ソケイヘルニアに対する治療 (最新の手術法で治療しています)

ソケイヘルニアとは

ソケイヘルニアとはソケイ部(下腹部の足の付け根あたり:図)の皮膚の下に腸等が脱出する病気です。

人のソケイ部にはもともと解剖的に腹壁の弱い部分が存在し、様々な原因で腸等の臓器が皮下に脱出しやすい構造となっています。症状は、立っているときに、下腹部の足の付け根付近が卵の半分くらいの大きさに膨らみます(大きさは様々です)。典型的には上向きに寝るとその膨らみが無くなります。

ソケイヘルニアの治療

腹壁が弱くなることで起こった病気ですから自然に、または薬で治ることはなく、外科手術が必要となります。

当院におけるソケイヘルニアに対する手術は、(1)内視鏡下にメッシュ(合成繊維)で補強する方法(TEPP法)を中心に、(2)メッシュ & プラグ法、(3)従来法の3種類で、年齢、性別、ヘルニアの程度に応じて、最適な手術法を選択しています。特に(1)のTEPP法は手術後の痛みが少なく、また何よりも再発がほとんどない点で、専門家の間でも優れた治療法としての評価を受けています。

上記の手術法はその他の手術法と同様に、すべて日帰りでもできます。ただ、痛みの強さは、自宅・病院どちらでも同じですので、手術後、日帰りされても社会復帰までには数日の自宅療養が必要となります。当院では、麻酔がさめた後の安全管理、手術後の安静、痛みに対するコントロール等、慣れない手術後不安の軽減、安全面の重視、さらに退院後安心して早期に社会復帰して頂けるように2-4日の入院をお願いしています。(日帰り手術も可能ですのでご相談ください。)

ソケイ部参考図

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です