ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  医療安全対策  感染対策委員会
ここから本文です。

感染対策委員会

概要

患者さんの入院中には、採血、点滴、検査、手術など様々な医療行為が発生します。医療行為によっては、人間が病原微生物から身体を守るために授かっている機能に傷をつけることになります(採血や、点滴の針を血管にさす、手術で皮膚切開する、など)。

『医療関連感染』はこの様々な過程において、医療従事者を介して病原生物が患者さんに伝染してしまうことをいいます。報道で伝えられているMRSAやVREなどの院内感染は抗菌薬の効かない細菌が医療行為を介して患者さんに感染を引き起こした例です。

このような医療関連感染を防止するために、福岡逓信病院では、『感染症対策に関しては少なくとも現時点ではこれがベストである』と言える感染対策の実践に向けて日々、取り組んでいます。

ICD(インフェクションコントロールドクター;樋口第一内科部長)の下、感染対策委員会の活動には以下のようなことがあげられます。

福岡逓信病院における医療関連感染防止に対する取り組み

具体的な活動内容

感染症発生時の対応

病院には毎日、感染が拡大する可能性のある感染症の患者さんが入院されています。たとえば、インフルエンザの患者さんが入院された時、ノロウイルス感染症の患者さんが入院された時、他の入院患者さんに感染が拡大しないようにするにはどうしたらいいのか?そのために、現場に出向いてスタッフと協力して具体的な感染拡大防止体制の整備を行います。

感染症対策マニュアルの作成

感染症のコントロールのため、感染症別、感染経路別の感染症マニュアルを作成しています。これらは、適宜改訂を行い最新の知見を取り入れ当院で実践可能な内容となっています。

院内サーベイランス

MRSAなどの様々な耐性菌の検出に関して検査機関と協力し、タイムリーに検出の把握ができる体制をつくっています。また、抗菌薬、手指衛生のサーベイランス(監視)を行っています。

感染対策実施状況監視活動

療養環境を清潔に整える意味で、毎週、感染制御チーム(ICT)で全部署の院内ラウンドを行い、問題点を現場にフィードバックし、対策の改善を実施、評価します。

院内学習会

感染症やその治療法、感染対策の情報は日々進化しています。そのため感染対策委員会主催により全職員に年に2回以上院内学習会を開催しています。より適切な手技で、隅々までの職員が統一した手技を行える様努力しています。適正な方法を継続的に実践できるよう社員全員で日々の業務に活かしています。

消毒薬、抗菌薬、抗生物質の使用の把握

MRSAなどの耐性菌を発生させないようにするためには、まず適切な抗菌薬の使用が大原則です。そのためにバンコマイシンなどの抗菌薬の使用状況の把握を感染制御チーム(ICT)が中心になって行い、また適正使用に関してチェックを行っています。

感染対策状況の把握、総括

毎月ICDを中心とする感染制御チーム会議と院長を委員長とする感染対策委員会を定期開催しています。

感染防止器材の選択、経費節減

感染症対策には多くの費用がかかります。
また、感染症拡大防止に配慮した物品の選択を日々行っています。


スタッフのご紹介

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です