ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  平成28年度 福岡逓信病院 病院指標
ここから本文です。

平成28年度 福岡逓信病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 215
32
14
18
83
99 206
293
348
91

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんの年齢階級別患者数を掲載しています。年齢は、入院時点での満年齢です。
当院の入院患者さんは、60歳代の方の割合が14.7%、70歳以上の方の割合が全体の52.3%とご高齢の方が多く、地域の高齢化を反映しています。
また、0歳~10歳代の患者さんの割合が全体の17.6%を占めており、乳幼児からご高齢の方まで幅広く医療を提供しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x
労作性狭心症等に対する経皮的冠動脈形成術等
63
5.44
4.70
1.59 71.06
PCI
060100xx99xxxx 大腸ポリープ 手術なし 38
1 3.00 0 63.39
TCS・A
TCS・B
060102xx99xxxx
大腸憩室 手術なし
33
1.97
7.89
0
65.89
TCS・A
TCS・B
150010xxxxx0xx
ウイルス性腸炎 手術なし
14
4.27
5.49
2.22
22.53
060245xx99xxxx
内痔核 手術なし
12
1
4.89
0.00
58.17

平成28年4月~平成29年3月に内科を退院された患者さんを対象にDPCコードの上位5位を掲載しています。
この期間の内科では、心臓カテーテル検査や大腸内視鏡検査の実績が多く、それに伴い労作性狭心症に対する経皮的冠動脈形成術の実施や大腸ポリープ、大腸憩室、内痔核等の診断が多くなっています。
また、大腸内視鏡検査で異常が発見された場合でも患者さんの希望に沿って可能な限り外来での治療を行っているため、当院の平均在院日数は全国平均を下回っています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x6xx
乳房の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり
40
2.58 4.55 0 53.55

060020xx99x6xx
胃の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり
17
6
6.40
0 60.94

060160x002xxxx
鼠径ヘルニア 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
14
5.42
4.97
0 64.85

090010xx01x0xx
乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの)
10
10.3
11.57
0
59.3
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)
9
9.22
6.59
0
55.78

平成28年4月~平成29年3月に外科を退院された患者さんを対象にDPCコードの上位5位を掲載しています。
この期間の外科では、乳がん及び胃がんに対する化学療法(抗がん剤治療)が上位を占めています。
また当院は、乳がんに対する人間ドックや検診を行っているため、乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)を施行した患者の4割以上が40歳代の方であり、早期発見・早期治療(手術、化学療法及びホルモン療法等)、手術直後からのリハビリテーション実施を行っています。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x
急性気管支炎 手術なし
40
5.48 6.02 4.54
2.4

150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術なし 30
4.27 5.49 2.22 1.66

100380xxxxxxxx 脱水症 手術なし
27
4.05
9.33
0 4.88

040100xxxxx00x 喘息 手術なし
24
5.07 6.42
0
3.33
030240xx99xxxx
急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし
16
4.55
5.49
5
2.06

平成28年4月~平成29年3月に小児科を退院された患者さんを対象にDPCコードの上位5位を掲載しています。
当院小児科では、未就学児の急性気管支炎の患者さんが多く、次いでウイルス性腸炎、脱水症となっています。
表中の平均在院日数(自院)及び転院率は、成人を含んでいますが、小児に限ると急性気管支炎では、5.00日、5.00%、ウイルス性腸炎では、3.9日、0%、脱水症では、3.33日、0%、喘息では、5.12日、0%、急性扁桃炎では、4.5日、6.25%となります。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体再建術 片眼 55
4.45 2.90 0 76.96
020320xx97xxxx 眼瞼内反症 眼瞼内反症手術 -
-
3.45 - -
020220xx97xxx0
緑内障 手術あり 片眼
-
-
9.14
- -

平成28年4月~平成29年3月に眼科を退院された患者さんを対象にDPCコードを掲載しています。
当院眼科では、白内障に対する水晶体再建術、眼瞼内反症に対する眼瞼内反症手術及び緑内障に対する虹彩光凝固術等を施行しました。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎骨折 手術なし 14
12.43 20.56 7.14 81.79

160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし -
-
15.97 -
-

160850xx99xxxx
足部の骨折 手術なし
-
-
20.51
-
-

160720xx99xxxx
肩関節周辺の骨折脱臼 手術なし
-
-
17.36
-
-
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし
-
-
25.16 -
-

 平成28年4月~平成29年3月に整形外科を退院された患者さんを対象にDPCコードの上位5位を掲載しています。
当院整形外科では、ご高齢の方が多く、胸椎・腰椎、股関節、膝関節、肩関節の骨折や関節リウマチに対し、保存的治療及びリハビリテーションの実施を行い退院を支援しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード


初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1
- -
-
1
18
1 7
大腸癌 -
1
2 2 1
31
1 7
乳癌 12
18 7
-
-
48
1 7
肺癌 -
-
-
1
-
1
1 7
肝癌 - -
-
-
-
- 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に掲載しています。 5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの数を初発の病期分類と再発に分けて集計しています。初発とは、当院において当該腫瘍の診断あるいは初回治療を実施した場合です。再発とは、初回治療後、当院において診療した場合です。
当院では初発・再発両方において、乳がん・大腸がんの患者さんが多くなっています。乳がんについては、人間ドックや乳がん検診を行っており、早期に治療を開始できています。
胃がん・大腸がんの初発における病期不明については、年齢等の理由により積極的な検査・治療を望まれなかった方です。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード


患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
12
8.25
46.83
中等症
49
27.32
80.40
重症
1
18
86
超重症
2
29
87.5
不明 -
-
-

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に掲載しています。 市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、重症度は市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)の重症度分類(A-DROP)により分類しています。この指標は、細菌による肺炎を集計していますので、インフルエンザウイルスなどによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎などは含まれていません。
 当院では、軽症の患者さんの平均年齢が46.83歳、平均在院日数が8.25日であるのに対して、中等症以上では平均年齢が80歳を超え、平均在院日数も4週間程度となり、ご高齢の方の治療には時間を要することがわかります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 1
9
79 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - -
-
-
-
I63$ 脳梗塞 - 8
203.12 76.5
12.5
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 2
7.5
77.5
0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - -
-
-
-
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - -
-
-
-
I679 脳血管疾患,詳細不明 - -
-
-
-

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に掲載しています。当院では、各傷病に対する患者数は、年間で10症例以下です。
脳梗塞の平均在院日数が203日となっていますが、これは脳梗塞の治療後、当院の療養病棟で療養を継続された方の入院日数1361日を含んでいるためで、残り7名の方の平均在院日数は38日です。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)
60
3.66
4.93
1.67 71.58
PCI
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの)
8
0.87
1.87
0 74.62
PCI
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 6
15.33 49.66
0 83.33

K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)
4 0 9.75
0
71.75
PCI
K597-2 ペースメーカー交換術 2
18.5
52
0 88.5


平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に内科における手術を掲載しています。
当院内科では、循環器系の治療を行っており、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈形成や不整脈に対するペースメーカー治療が多くなっています。ペースメーカー治療の方にはご高齢の方が多く、入院から手術までに1ヶ月以上かかる方や治療後退院までに50日前後のリハビリテーション期間が必要な方も多くなっています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
14
1
3.42
0 64.85

K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの))
9
1
7.88
0 55.77

K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 8
2.62 7.62
0 66.25

K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの)
5 1.8 8.8
0
57.8
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの)) 3
1
14.33
0 53.66

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に外科における手術を掲載しています。
当院外科では、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術や乳腺悪性腫瘍手術の実績が多くなっています。

小児科
Kコード 名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
K300
鼓膜切開術
3
1.33 3 0
0.33

K0011 皮膚切開術(長径10センチメートル未満) 1
0 7 0 2

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に小児科における手術を掲載しています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 55
2.28 2.33 0 77.08
K270 虹彩光凝固術 1
6.5
10.5 0 77
K2172
眼瞼内反症手術(皮膚切開法)
1
1
1
0 85

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に眼科における主要な手術を掲載しています。
当院眼科では、ご高齢の方の白内障に対する水晶体再建術が多くなっています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む)
1
0 4
0 80

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に整形外科における手術を掲載しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1
0.07
異なる -
-
180010 敗血症 同一 6
0.43
異なる -
-
180035 その他の真菌感染症 同一 -
-
異なる -
-
180040 手術・処置等の合併症 同一 2
0.14
異なる -
-

平成28年4月~平成29年3月に退院された患者さんを対象に掲載しています。
当院では、各傷病名に対する患者数は、年間で10症例以下です。

更新履歴

2017/09/29 平成28年度病院指標を掲載しました。
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です