ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  入院・面会のご案内  DPCの導入について
ここから本文です。

DPCの導入について

当院では、平成28年4月1日より厚生労働省が推進している「DPC対象病院」となります。このため、一般病棟(4階および5階病棟)にご入院の患者さんの入院医療費が、従来の「出来高払い方式」から「包括評価(DPC)方式」に変わります。

DPCとは

【Diagnosis Procedure Combination】の略で、診断名と診療行為の組合せを意味します。
従来の診療行為ごとに積み上げて計算する「出来高計算方式」とは異なり、入院患者さんの病気や診療内容に応じて、厚生労働省が定めた診断群分類点数に基づいて、1日当たりの金額からなる包括評価部分(入院基本料・投薬・注射・処置・検査 等)と、出来高評価部分(手術・麻酔・リハビリ・内視鏡検査 等)を組み合わせて医療費を計算する方法です。

DPCに関するQ&A

いつから計算方法が変更になるのですか?

平成28年4月1日以降に新たに入院される患者さんに対しての医療費の計算方法が変わります。平成28年3月31日以前から継続して入院されている患者さんは、平成28年6月1日からの変更となります。

医療費の支払い方法はどう変わりますか?

医療費の一部負担金の支払い方法は、従来の方法と変わりありません。
ただし、入院後の病状の経過や、治療内容の変化等によって、診断群分類が変更された場合は、入院初日に遡って医療費の計算をやり直すため、一部請求額が変更となります。その場合は、退院時等に前日までの支払額との差額調整を行なうことがありますので、予めご了承ください。

DPCになると、診療費は高くなりますか、安くなりますか?

患者さんのご病気の種類(病名)と診療内容によって1日あたりの医療費が決まるため、従来方式と比べて高くなることもあれば安くなることもあります。

すべての入院患者がこの制度の対象となるのですか?

当院の一般病棟(4階および5階病棟)に入院される患者さんがDPCの対象となりますが、次の場合を除きます。

長期に入院しても1日当たりの点数は同じですか?

1日当たりの点数は、診断群分類ごとに3段階に区分されており、入院が長くなるほど1日当たりの点数は安くなります。また、入院が長期にわたり診断群分類ごとに定められた入院日数を越えてしまうと、その日から出来高計算になります。

同じ病気で同じ入院日数なら支払額は同じですか?

病気が同じでも、出来高部分に治療の違いが出てきます。特に手術やリハビリを行う場合は個人差があり、診療費が異なってきます。

複数の病気を治療したり、転科したりしたときはどうなりますか?

DPCでは、患者さんの入院期間を通して「最も医療資源を投入した病名」で1日あたりの医療費を決定します。そのため、複数の病気を治療したり、転科したりした場合でも、その中から主治医が病名を1つ選んで決定することとなります。

食事の料金もこの料金に含まれますか?

食事の代金は従来どおりの金額を別に負担していただくことになります。

高額療養費の取り扱いはどうなりますか?

高額療養費制度の取り扱いは従来どおり変わりありません。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です