ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  梅雨を元気に乗りきろう(6月)
ここから本文です。

梅雨を元気に乗りきろう(6月)

梅雨を元気に乗りきろう(6月)

6月に入り、いよいよ暑い季節も目前に迫ってまいりました。
これから夏の計画を立てるという方も多いのではないでしょうか。
しかし暑い夏の前にやってくるのが、梅雨の時期です。

湿度が上がり、気圧や気温の変化が激しくなる梅雨の時期は、内臓機能や自律神経の働きの低下、体の抵抗力が弱くなってしまうといった変化が起こりやすいものです。
また、小児や幼児の場合、体温調節がうまく機能せず、少しの気温の変化で熱中症になってしまう危険性もあるそうなので、注意が必要です。特に、熱くて寝苦しい夜が続く日などは睡眠不足となり、熱中症になりやすいそうです。

熱中症を防ぐためには、日ごろからこまめな水分補給が欠かせません。
『水分を摂り過ぎると、汗をかき過ぎたり、体がバテてしまったりするので、かえって良くない』という考え方もありますが、これは誤りです。汗が皮膚の表面から蒸発し、体から気化熱を奪うことにより体温をさげるので、汗をしっかりかくことが必要です。
また暑い日がつづくと、体が次第に暑さに慣れ、強くなっていきます。これを「暑熱順化(しょねつじゅんか)」といいます。しかし、こうした暑さに対する体の適応は、気候の変化よりも遅れて起こるため、夏本番を迎える前の今の時期から、運動やウォーキング等で、汗をかく習慣を身につけておくと、夏の暑さにも対抗しやすくなり、効果的です。

もう一つ、湿度の高い梅雨の時期には、レジオネラ症にも注意が必要です。
レジオネラ症は、レジオネラ属菌(Legionella)という細菌を吸い込むことによって起きる感染症です。症状は、高熱や咳、頭痛などで始まり、肺炎や呼吸困難へと進行し、ひどい場合には死に至るケースも報告されています。
糖尿病や呼吸器疾患などの持病のある方、多量の飲酒や喫煙をされる方など、発症に関連する危険因子がいくつか知られていますが、特にこれらに該当しなくても発症することがあります。

レジオネラ属菌は、湿度の高い環境で爆発的に増殖します。ビルの空調用冷却塔や循環式浴槽、加湿器をはじめ、水道の蛇口やシャワーヘッド、車のエアフィルターなど、日常的に水がたまりやすく、湿度が高くなる環境では、この時期特に感染源となりやすいため、定期的な衛生管理が不可欠です。

逓信病院では、夏に向けての健康な身体づくりを支えるサポートをしています。季節の変わり目で身体に不調を感じたら、医師への相談をおすすめします。
梅雨のこの時期を上手に乗り切って、楽しい夏を迎えたいものですね。

(参考:東京逓信病院 熱中症と夏カゼ

季節の健康情報バックナンバー


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です