ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  夏バテに負けない身体を作るには(8月)
ここから本文です。

夏バテに負けない身体を作るには(8月)

夏バテに負けない身体を作るには(8月)

8月を迎え、いよいよ夏本番です。
しかしこれからの暑い時期、心配なのが「夏バテ」。あまりの暑さに体がだるいという方も多いのではないでしょうか。

夏の暑い時期になると、空調のきいた屋内と屋外との間に生じる急激な温度変化や、大量に汗をかくことによって生じる水分・ミネラル分の不足などにより、自律神経に不調をきたし、やる気が出ない、体がだるい、めまいがする、食欲がないなどといった症状が現れるようになります。

夏バテの「バテる」という言葉は、こうした身体本来の働きが正常に機能しなくなって、「疲れ果てる」ことから、その「果てる」が「バテる」に転訛したことが語源といわれています。

こうした夏バテの症状をそのままにしておくと、体の抵抗力が低下し、夏風邪の原因にもなるほか、心臓病や生活習慣病へのリスクを高めることにもつながります。

夏バテに負けない健康な体をつくるためには、まずは日頃の規則正しい食事が欠かせません。特に夏の暑い時期は、心身ともに疲労感を覚えるため、こうした疲労に打ち勝つバランスの取れた食生活が何よりも重要になってきます。 ここでは、目的別に摂取した方がよい成分と、それが豊富に含まれる食品を紹介します。

疲労回復 ビタミンB1 肉体労働やスポーツなどで消費されたエネルギー源を補給します。
→豚肉、うなぎ、とうもろこし、枝豆、玄米など
アリシン ビタミンB1の利用率を高めます。
→ニンニク、ニラ、長ネギ、玉ネギなど
免疫力アップ β-カロテン 体内の活性酸素の増加を抑え、免疫力の低下を防ぐほか、皮膚や粘膜を健康な状態に保ちます。
→ニンジン、トマト、ほうれん草、かぼちゃなど
ビタミンC 体内の活性酸素の増加を抑え、鉄分の吸収を促進する働きがあります。
→ゴーヤ、ピーマン、大葉、アセロラ、パセリなど
食欲増進 ムチン ネバネバ成分のことで、胃腸の消化吸収を助ける働きがあるといわれています。
→オクラ、長芋、モロヘイヤ、ナメコなど
クエン酸 胃腸の働きを活発にし、胃液の分泌を促進させるといわれています。
→レモン、カボス、すだち、梅など

中でも、疲労に最も効果的な栄養素とされるのが「ビタミンB」群です。「土用の丑の日にうなぎを食べる」という習慣も、うなぎにはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、実は夏バテを乗り切るための先人の賢い知恵だったのかもしれません。

このほかにも、こまめに水分を取る、室温と外気の温度差を少なくして暑さに慣れるなど、夏バテに負けない体づくりは、日々のちょっとした努力でつくることができます。 暑い夏を乗り切るため、皆さんも少しだけ体に優しい気遣いをしてみてはいかがですか?

(参考:富山逓信病院 夏バテ知らずの食事対策

ほかにも、夏バテに関する情報は、逓信病院ウェブサイトでご覧いただけます。

【参考リンク】

 東京逓信病院 熱中症と夏風邪

季節の健康情報バックナンバー


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です