ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  夏の肌トラブル ~紫外線対策~
ここから本文です。

夏の肌トラブル ~紫外線対策~

 8月になりました。梅雨も明け、これからが夏本番です。
夏休みということで、プールや海など外へ出かける方もいらっしゃるかと思いますが、日焼けや汗など夏は何かと肌のトラブルがつきものです。
特に夏場は紫外線の量が多いので、紫外線対策をきちんと行う必要があります。

紫外線って? 肌への影響は?

 地上に届く太陽の光には、紫外線、可視光線、赤外線などいろいろな種類があります。その中で、私たちの肌に影響を及ぼすものが紫外線です。
紫外線にはA波、B波、C波の3種類があります。
これらの中で一番気をつけなければならないのはB波です。日焼けを起こす原因となるのはこのB波で、肌のシミ、シワなどの美容だけでなく、皮膚がんや白内障、免疫力の低下など健康にも悪影響を及ぼすといわれています。
一方、A波は、私たちが普段浴びている紫外線のほとんどを占めます。1年を通して季節や天候に関係なく降りそそいでいます。紫外線の中では最も有害性が少ないといわれていますが、肌のコラーゲンを破壊するという性質をもっているので、浴びる量が多くなれば、肌のシワ、タルミの原因になってしまうので注意が必要です。
最後に、C波ですが、紫外線は波長が短いものほど肌に与える影響が大きいといわれており、この中で波長が一番短いC波が最も危険な紫外線といえます。しかし、オゾン層によって地上にはほとんど届いていないといわれています。なお、近年ではオゾン層の破壊が進み、地上にも一部届いているともいわれており、私たちにとって脅威になる日もそう遠くはないのかもしれません。

紫外線から肌を守るには?

 紫外線対策として最も有効なのは、紫外線を「防ぐ」ことです。紫外線から肌を守るための外出時のポイントについて紹介します。

  1. 紫外線が多い時間帯に注意
    紫外線は、お昼前後の午前10時から午後2時の間が1日の中で最も量が多く、この4時間で1日の紫外線量の半分以上を占めているといわれています。
    特に夏場のこの時間帯には、肌にもっとも有害といわれているB波が降りそそいでいますので、注意しましょう。
  2. 日焼け止めを塗る
    たとえ日焼けが起きるほどの日差しがなくても紫外線は降りそそいでいますので、日焼け止めは塗るようにしましょう。服などから外に露出している部分はムラなく塗ったほうがよいです。
    また、プールや海など長時間外出する場合は、汗や皮脂で日焼け止めも落ちてしまいますので、3時間おきぐらいを目安にこまめに塗りなおすのがよいでしょう。
  3. 日傘、長袖などの着用
    日傘は大きめのもので、からだをしっかりと隠してくれるものがよいでしょう。
    長袖の着用も紫外線カットに有効です。暑い夏に長袖の着用は気がすすまないという方もいらっしゃるかもしれませんが、生地が薄めで通気性がよいものを選ぶとよいでしょう。
  4. 帽子、サングラスの着用
    紫外線は、皮膚だけでなく目からも吸収されます。
    帽子で約20%、サングラスの着用で約90%、目への紫外線をカットすることができるといわれています。まぶしさだけでなく紫外線防止の面からもこれらを着用することをおすすめします。

 紫外線のほかにも、夏には汗や虫刺されなどによる肌のトラブルもあります。
逓信病院ウェブサイトでは、これらの「肌のトラブル」についてご紹介しています。

【参考リンク】

季節の健康情報バックナンバー


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です