ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  糖尿病について(9月)
ここから本文です。

糖尿病について

 9月になりました。まだ残暑が厳しいですが、これからは夏から秋へ季節が変わり、だんだん過ごしやすくなってきます。
「食欲の秋」ということで、つい秋の味覚をたくさん食べたくなるところですが、血糖値が高い方、身内に糖尿病の方がいらっしゃる方など、糖尿病になる可能性が高い体質の方は要注意です。
 厚生労働省の調査によると、日本には糖尿病が強く疑われる人が約890万人存在し、さらに、糖尿病の可能性が否定できない人は約1,320万人、合計で約2,210万人以上が糖尿病の可能性があるとされています。

糖尿病ってどんな病気? どのような症状なの?

 糖尿病は、すい臓でつくられるインスリンというホルモンの分泌や働きが悪くなり、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が過剰に増加し、尿中に糖がもれ出てくる病気です。
糖尿病の初期段階では自覚症状がほとんどなく、健康診断などで「糖尿病」と診断されても、ピンとこなくてそのまま放置される方がいるかもしれません。しかし、自覚症状が現れたときには、すでに病状がかなり進行しているということも少なくないのです。
 糖尿病の主な症状としては次のようなものあります。当てはまるものがある場合は、早めに内科を受診してください。

糖尿病をほうっておくと大変なことに・・・・・

 糖尿病は単に尿に糖が出るだけの病気ではありません。血糖値が高い状態が続き、ほうっておくと全身の血管がもろくなったり、神経の機能がおかされたりする合併症が起きやすくなります。糖尿病が怖いのは、このような合併症により失明や足の切断を余儀なくされるケースがあるということです。次の3つが糖尿病の三大合併症といわれています。

  1. 糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)
    網膜の中の細い血管が傷み出血を繰り返す状態で、悪化すると網膜はく離を引き起こします。視力障害が起こり、失明の危険もあります。
  2. 糖尿病性神経症(とうにょうびょうせいしんけいしょう)
    神経がおかされ、主に足や手がしびれて知覚がにぶくなります。症状が進むと壊疽(えそ:傷から細菌が感染し皮膚から皮下組織までの細胞が死滅して腐ってしまうこと)を起こしてしまい、切断しなければならない場合もあります。
  3. 糖尿病性腎症(とうびょうびょうせいじんしょう)
    腎臓の血管が傷んで腎機能が低下し、尿にたんぱくが出るようになります。進行してしまうと、尿毒症を引き起こし、人工透析が必要となる場合があります。

どんな治療をするの?

 治療の基本は、食事療法と運動療法です。適正体重をもとに1日に食べてよいエネルギー量を算出し、栄養バランスの整った食事をとるようにします。運動は、肥満解消に役立つだけでなく、インスリンの働きをよくして食事療法の効果を高めます。
軽症の場合はこれだけでも十分対応できるのですが、症状が進んでしまった場合は薬物療法(飲み薬、インスリン注射)を受ける必要があります。

糖尿病予防の5か条

  1. 肥満を解消
    自分の適正体重を目指し、肥満解消に努めましょう。
  2. 食べすぎ・飲みすぎはやめる
    1日の摂取エネルギーを守ることが大切です。アルコールは意外と高エネルギーなので注意しましょう。
  3. 適度な運動を習慣に
    適度な運動は血糖値を下げ、肥満予防にも効果的です。ただし、激しい運動は逆効果となりますので注意してください。
  4. ストレスは解消
    ストレスは糖尿病の誘因となります。自分なりのストレス解消法を見つけ、解消に努めましょう。
  5. 栄養バランスのとれた食生活を
    ビタミン、ミネラルはインスリンの代謝をスムーズにします。また、少量でもたんぱく質など栄養バランスのよい食事をとるようにしましょう。

逓信病院ウェブサイトでも「糖尿病」についてご紹介しています。

【参考リンク】(出典)

季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です