ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  寒い時期の健康管理 ~高血圧について~(11月)
ここから本文です。

寒い時期の健康管理 ~高血圧について~

 11月に入りました。今年は残暑が長かったせいか急に寒くなった感じがします。
 これから日に日に寒さがましてきますが、この時期、血圧が高めの人は注意が必要です。
 寒くなると、私たちのからだは体温を逃がさないように血管が収縮するので、血圧が上がりやすくなります。血圧が高めの人は、寒さを感じたり冷たい水などにさわったりしたときなどは、血圧がさらに高くなり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす恐れがありますので、次のような状況では特に注意が必要です。

【血圧って? 高血圧とは?】

 「血圧」とは、血液が血管を流れるときに血管の内壁にかける圧力のことをいいます。ポンプの働きをしている心臓の筋肉が縮んだときの数値を最大血圧(収縮期血圧)、ゆるんだときの数値を最小血圧(拡張期血圧)といいます。
そして「高血圧」とは、血圧が継続して高い状態をいいます。最大血圧が140mmHg(ミリメートルエイチジー又はミリメートル水銀柱)以上、あるいは最小血圧が90mmHg以上の状態を高血圧をいいます。

【高血圧だとどうなるの?】

 血圧が高い状態が続くと、血管がもろくなったり、動脈硬化の進行が早まったりし、心筋梗塞、狭心症などの、虚血性心臓病の発症頻度が高くなることが知られています。
 また、高血圧によって心臓が肥大することがあります。心臓が肥大すると全身に血液を送り出すポンプの作用が次第に弱くなり、心不全を起こしやすくなります。
 高血圧は「沈黙の殺人者(サイレントキラー)」ともいわれており、自覚症状がないまま進行していきますので、健康診断などの検診を受けたり、定期的に病院や家庭において血圧を測るようにしましょう。

【高血圧を予防するには?】

 高血圧の約90%は、その原因がはっきりわからない「本能性高血圧」と呼ばれるものです。これには「遺伝的因子」と「環境的因子」が深く関与していると考えられています。
 両親が高血圧の場合、その子供は約50%の確立で高血圧になるといわれています。このような「遺伝的因子」は避けることができません。しかし、「環境的因子」については、生活習慣を改善することで、高血圧を予防またはその進行を遅らせることができます。
 日常生活における高血圧の予防策をご紹介しますので、遺伝的因子を持つ可能性のある方はもちろん、そうでない方も生活習慣の改善に心がけ、これからの時期を乗り切りましょう。

  1. 塩分のとりすぎに注意
    薄い味付けを心がけましょう。
    めん類の汁は残し、加工食品やインスタント食品の摂取はできるだけは控えましょう。
  2. 肥満を防ぐ
    肥満は高血圧の進行を助長します。肥満の人は減量に努めましょう。
  3. ストレス解消
    多忙な生活や精神的な緊張の連続は血圧に悪影響を及ぼします。できるだけ息抜きをするよう心がけ、睡眠を十分にとりましょう。
  4. 適度な運動
    ウォーキングなどの適度な運動は血圧を下げる効果があります。日ごろから適度な運動に心がけましょう。
  5. たばこやお酒は控えめに
    喫煙や過度な飲酒は、血圧を上げ動脈硬化を促進したり血管に負担をかけますので控えましょう。

逓信病院ウェブサイトでも「高血圧」をはじめ、寒い時期に注意が必要な病気に関する健康情報をご紹介しています。

【参考リンク】

富山逓信病院 「治る高血圧」 「災害時と血圧
東京逓信病院 「冬場に多い循環器疾患

季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です