ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  熱中症について(7月)
ここから本文です。

熱中症について(7月)

7月になりました。
蒸し暑い日が続くこの時期、注意していただきたいのが「熱中症」です。

熱中症って?

 熱中症とは、高温の環境下において体内の水分やナトリウムなどの塩分のバランスがくずれたり、体温の調節機能がうまく機能しなくなり発症する障害の総称です。
熱中症は、梅雨の合間に突然気温が上昇した日、梅雨明けの蒸し暑い日などに起こりやすいとされています。特に、

といった環境下においては注意が必要です。

どんな症状があるの?

 熱中症には下表のような症状があります。(「Ⅰ度」から「Ⅲ度」になるにつれ、重症度が高くなります。)
症状の分類が「Ⅰ度」のときは、すぐに涼しい場所へ移ってからだを冷やすこと、水分を補給することが必要です。改善しない場合や悪化する場合には病院へ搬送します。
症状の分類が「Ⅱ度」で、自分で水分や塩分を補給できないときや、「Ⅲ度」の状態であればすぐに病院へ搬送します。

分類 症状
Ⅰ度
  • めまい、失神
    • 「立ちくらみ」のことで、“熱失神”と呼ぶこともあります。
  • 筋肉痛、筋肉の硬直
    • 「こむら返り」のことで、“熱けいれん”と呼ぶこともあります。
  • 大量の発汗
Ⅱ度
  • 頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
    • からだがぐったりする、力が入らないなど。
    • 従来“熱疲労”と言われていた状態。
Ⅲ度
  • 意識障害、けいれん、手足の運動障害
    • 呼びかけや刺激への反応がおかしい、からだにガクガクとひきつけがある、まっすぐに走れない・歩けないなど。
  • 高体温
    • からだに触ると熱いという感触。
    • 従来“熱射病”などと言われていたものがこれに相当。

予防策について

 熱中症は症状が重くなると生命にも関わる病気ですが、予防策を知っていれば防ぐことができます。
主な予防策をご紹介しますので参考にしてください。

逓信病院ウェブサイトでも、「熱中症」の予防策や発症した場合の対処策などを紹介していますのでご覧ください。

【参考リンク】

東京逓信病院 「熱中症 ~予防と対策~」「熱中症と夏カゼ
富山逓信病院 「熱中症について
名古屋逓信病院「知って防ごう!熱中症

【出典】

環境省「熱中症環境保健マニュアル」から

季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です