ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  花粉症について(2月)
ここから本文です。

花粉症について(2月)

花粉症のシーズンがやってきました

まだまだ寒い日が続いていますが、そろそろ春に向けての花粉シーズンが始まります。
たとえば、春の花粉として代表的なスギ花粉は、ほとんどの地域で今月から飛散し始めると言われています。

花粉症の治療法

花粉症シーズン中のつらい症状をできるだけ軽くするために、花粉が飛び始める前から治療を始めることを花粉症の「初期療法」といいます。初期療法を開始するタイミングは、例年症状が強く出る人では、「花粉飛散開始日の2週間くらい前から」が基本です。この初期療法により、「症状の出始めが遅くなる」「シーズン中の症状が軽くなる」「飲み薬や点鼻薬の使用量や回数が減る」などのメリットがあると考えられています。
また減感作療法(げんかんさりょうほう)と言って、アレルギー疾患の原因となるアレルゲンを、低濃度、少量から投与し、徐々に増量、高濃度へ移行させ、アレルゲンに対する過敏性を減少させる治療法があります。

花粉症の治療薬

花粉症の症状を軽くするために、症状の出方や重症度によって飲み薬や点鼻薬が使われます。病院で処方される薬や、花粉症の薬としてドラッグストアなどで市販されている薬の多くは、「抗ヒスタミン剤」の飲み薬で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどを軽くする効果があります。
減感作療法では、従来は皮下注射で薬剤を投与していましたが、最近舌の下に投与する薬も病院で処方できるようになりました。注射のような痛みもなく自宅で治療ができるのが特徴の薬です。

花粉症の対策として市販薬を服用されている方もたくさんいらっしゃると思いますが、人により症状の出方や強さはさまざまです。
病院で診察をうけ、自分に最適な治療法やお薬の服用で、少しでも快適に花粉症シーズンを乗り切りましょう。

各逓信病院ウェブサイトでも、花粉症について紹介しています。
ぜひご覧ください。

【参考リンク】
名古屋逓信病院 「花粉症の予防と治療」
名古屋逓信病院 「今年も花粉がやってきた! ―花粉症と目―」
東京逓信病院  「花粉症対策

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です