ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  ローカーボ食(低炭水化物食)について(5月)
ここから本文です。

ローカーボ食(低炭水化物食)について(5月)

【ローカーボ食をご存知ですか?】

ローカーボ食というものをご存じですか。
ダイエットに効果があるということでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。
ローカーボ食とは「低炭水化物食」のことをいい、「糖質制限食」とも言われます。
実はダイエットのために生まれたものではなく、治療の1つとして生まれた食事療法です。

【ローカーボ食の効果】

治療としてのローカーボ食は、次のような効果が期待されます。

  1. 食後に血糖値がほとんど上がらないため、糖尿病を食事で治療できる。
  2. 体重が減る。
  3. 中性脂肪を下げられる。
  4. HDL-コレステロール(善玉)が少し上昇する。

さらに、これらの効果によってメタボリック症候群の解消につながります。

実際にローカーボ食を実践する場合、特に難しいことをする必要はありません。
簡単に言ってしまうと、

といった内容です。 複雑なカロリー計算などは必要ありません。

【ローカーボ食をする上での注意】

しかし、自己流で実践することは危険です。
一般論としてローカーボ食は、糖尿病や肥満によく適合し、うまく使えば高血圧・脂質異常症にも適用できる栄養療法ですが、下記のようなデメリットも報告されています。

上記のように文字にすると、ものすごく危険な食事療法と捉えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ローカーボ食はここ数年で注目され始めたもので、細かな弱点や利点は世界的にもまだ確立していません。
また、持病をお持ちの方や過去に大きな病気を経験された方など、各個人の健康状態によっても、注意すべき点が異なります。
医師や管理栄養士などへの相談を行い、正しい知識のもとで実践しましょう。

逓信病院ウェブサイトでも、ローカーボ食(低炭水化物食)について紹介しています。
ぜひご覧ください。

【参考リンク】
名古屋逓信病院 「ローカーボ食について


季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です