ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  食中毒について(6月)
ここから本文です。

食中毒について

6月になると、暖かいというより暑くなってきたと感じるようになりますね。
梅雨に入り、じめじめした日が増えてくるとともに、気温も高くなってきます。

食中毒発生の原因

気温が25度を超えるようになると、食中毒の発生数も増えてきます。
食中毒の原因は、食べ物などに付着していた細菌を食事と一緒に食べてしまうことです。
高温多湿なこの時期は、特に細菌が増えやすく、食中毒には気を付けなくてはいけません。
そこで今回は、家庭での食中毒予防の主なポイントを6つ紹介します。

食中毒予防のポイント

食中毒は、基本的なことをきちんと守れば予防できます。
食品の取り扱いに注意して、食中毒を防ぎましょう。
それでも、もし、お腹が痛くなったり、下痢をしたり、気持ちが悪くなったりしたら、医師へ相談しましょう。

逓信病院ウェブサイトでも、食中毒について紹介しています。
ぜひご覧ください。

【参考リンク】
富山逓信病院 「食中毒の予防について
名古屋逓信病院 「食中毒を予防しよう!!


季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です