ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  骨粗しょう症について(10月)
ここから本文です。

骨粗しょう症について

少しずつ秋も深まり、スポーツにも適した気候になってきました。
今月の健康情報では、骨粗しょう症を採り上げます。
骨粗しょう症予防には、カルシウムやビタミンD、ビタミンKの積極的摂取などの食事習慣のほか、運動が有効です。
運動には生活習慣病の予防、肥満やストレスの解消などの効果があることは多くの方が既にご存じかと思いますが、「骨や関節を丈夫にする」という効果もあるのです。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症は、骨の量が減少したり、骨の質が変化したりして骨が弱くなり骨折しやすくなる病気のことです。
骨粗しょう症になると、大根に鬆(す)が入ったように骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなってしまいます。
そうなると、転倒した場合はもちろん、手をつく、体をひねるなどの日常のちょっとした動作でも骨折しやすくなります。
しかも、骨を作る機能が衰えているため、骨折したところがくっつきにくく、治療に時間がかかる傾向が見られます。

骨粗しょう症を予防するには

骨を強くするためには、水泳よりはジョギング、エアロビクスなどのように、骨にかかる力が大きく、また繰り返しが多い運動ほど効果が高いことがわかっています。
しかし、無理に激しい運動をする必要はありません。
骨を強くするためには、散歩や階段を利用するなどの軽い運動でも十分な効果があります。
大切なことは、楽しみながら毎日続けることです。

骨粗しょう症は、それ自体が生命をおびやかす病気ではありませんが、骨粗しょう症による骨折から、要介護状態になる人は少なくありません。
骨粗しょう症の多くは加齢により引き起こされますが、過度のダイエット等による栄養不足や運動不足等の生活習慣により若い人でもなりうる病気です。
一度発症してしまうと治療に長い期間を要する病気でもありますので、いつまでも元気に過ごせるよう、まずは近所の散歩など簡単なことからで良いので、運動の習慣をつけましょう。
また、少しでも不安がある場合には、短時間で痛みのない検査が可能ですので、最寄りの医療機関に相談しましょう。

逓信病院ウェブサイトでも「骨粗しょう症」に関連する健康情報をご紹介しています。
ぜひご覧ください。

【参考リンク】
名古屋逓信病院 「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは!?
名古屋逓信病院 「要介護状態の予防のため骨粗鬆症の治療を早目に


季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です