ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  インフルエンザの予防について(11月)
ここから本文です。

インフルエンザの予防について

11月になり、インフルエンザの流行する季節が近づいてきました。
今回は、インフルエンザの予防方法をご紹介します。

ワクチンの接種について

インフルエンザの予防方法としては、第一に流行前のワクチン接種が挙げられます。
ワクチンの接種により、インフルエンザの発症を抑えることができますし、発症したとしても比較的軽い症状で済むことがわかっています。
ワクチンの効果持続期間は、個人差がありますが、5か月程度とされますので、予防効果を得るためには毎年ワクチンを接種することが大切です。
また、ワクチンを接種してから抗体ができて予防効果が現れるまで、およそ2週間かかるといわれています。
日本では毎年12月頃からインフルエンザの流行が始まることが多いので、11月のなるべく早い時期に接種することが望ましいでしょう。

その他の予防法

その他の予防方法としては、マスクの着用、帰宅時の手洗い・うがい、部屋の加湿・換気、人ごみや繁華街への外出を控える等の一般的な ウイルス対策も有効です。
インフルエンザの主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から発生される小さな水滴(飛沫)による飛沫感染です。
こういった飛沫を浴びないようにすることで、インフルエンザの感染を予防することができます。
また、疲れがたまっていると抵抗力が落ち、ウイルスに感染しやすくなってしまうため、日ごろからバランスの良い食事と十分な休養を取ることも大切です。

予防を十分にしていても、インフルエンザにかかってしまうことはあります。
熱が低くても倦怠感や関節痛などの全身症状があるようならば、インフルエンザの可能性がありますので、単なる風邪だと軽く考えずに、早めに医療機関を受診しましょう。

インフルエンザと診断された場合には医師の指示に従い、安静にして休養をとり、特に睡眠を十分にとりましょう。
また、お茶やジュース、スープなど、自分が飲みたいもので構わないので、十分な水分補給を行いましょう。

逓信病院ウェブサイトでも「インフルエンザの予防」に関連する健康情報をご紹介しています。
ぜひご覧ください。

【参考リンク】
東京逓信病院 「インフルエンザを予防するには…1
       「インフルエンザを予防するには…2


季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です