ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  花粉症について(2月)
ここから本文です。

花粉症について

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、アレルギー症状を起こす病気です。 くしゃみ、鼻水、鼻詰まりが3大症状として知られていますが、人によってはこれに伴って、目の症状やのどの症状、全身倦怠感などをはじめ、さまざまな症状がみられることもあります。

2016年春の花粉飛散予測

日本気象協会によると、「2016年春のスギ花粉の飛散開始は北日本はほぼ平年並みですが、西日本と東日本では例年より早い所が多く、早いところでは2月上旬から花粉のシーズンが始まる」とのこと。
花粉症の方は、早めに対策を始めた方が良いでしょう。

日常生活における対策

花粉症の対策として日常生活でできることは、なるべく花粉に触れないことです。
花粉を避ければ、かなり症状は軽減します。

外出時にはマスクや眼鏡、帽子などを着用し、服装も表面がスベスベした素材の服を選ぶことをお勧めします。
帰宅時は、髪や衣服を払ってから入室するなどで、屋内に花粉を持ち込まないようにしましょう。
屋内に入った際には、うがい、手洗い、洗顔などを行い、体に付着した花粉を早めに落とすことも大切です。

また、屋内であっても油断は禁物です。
入室時に落としきれなかった花粉や、玄関・窓を開けた時などに入り込んだ花粉が残っています。
こまめな掃除や空気清浄器などで花粉を除去したり加湿器を使用して、花粉が舞い上がることを防ぐことなどが効果的です。

薬物療法

花粉症の症状やその重症度合、また服用する薬の効き目も人によって異なります。
また、スギ花粉が原因と思われがちですが、他の花粉が原因の場合もあります。
自己判断や市販薬で済ませずに、きちんと病院で診断を受けて、それぞれに合った治療を行うことが大切です。
また、アレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。花粉の飛び始める前、あるいは症状が軽いときから薬の使用をはじめると、症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。
症状が出る前の初期治療をお勧めします。

逓信病院ウェブサイトでも「花粉症の対策や治療」に関連する健康情報をご紹介しています。
ぜひご覧ください。

【参考リンク】
富山逓信病院 「花粉症対策について
名古屋逓信病院 「花粉症の予防と治療
広島逓信病院 「No.9 花粉症について


季節の健康情報バックナンバー

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です