ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  目の紫外線対策について(8月)
ここから本文です。

目の紫外線対策について

ようやく梅雨も明け、夏本番の陽気が続きますね。
8月は、1年で最も紫外線が強い季節でもあり、対策が欠かせません。
日焼け止めなどで肌への紫外線対策を行っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、目への紫外線対策まで万全という方は、それほど多くないように思います。
目も、肌と同じように、紫外線によるダメージを受けますので、海水浴や登山などのレジャーに行かれる場合はもちろん、日中の長い時間を屋外で過ごされる場合には、対策をお勧めします。

目への紫外線の影響

目への紫外線の影響として、紫外線角膜炎や白内障などのリスクが考えられます。
紫外線角膜炎の症状は、結膜(白目部分)の充血、異物感などで、ひどい場合には強い痛みを感じます。
昼に強い紫外線を浴びると、夜から翌朝にかけて発症しますが、多くは1日~2日程度で自然に治ります。
白内障は、レンズの役割をする水晶体が濁って視力が低下し、進行すると失明の危険性もある病気です。
加齢による部分が大きい病気ですが、紫外線も影響を与える1つと考えられています。

紫外線対策

紫外線の悪影響を防ぐには、浴びすぎを防止することです。
紫外線が一番強くなる正午前後では、太陽が高い位置にあるため、帽子や日傘が有効です。
帽子の着用により、目に入る紫外線量を約20%減少させることができると言われています。
朝や夕方などの太陽の位置が低い時間帯では、紫外線をカットできるサングラスやコンタクトレンズの使用が効果的です。
サングラスでは、色の濃い方が紫外線を防いでくれるような気がしますが、濃い色には瞳孔を開かせる効果があるので、より多くの紫外線が眼内に入ってしまいます。
紫外線カット率が同じであれば、薄い色のサングラスを選ぶ方が良いでしょう。 これらを使い分けたり、併用したりすることで効果的に紫外線を防ぎましょう。

熱中症が疑われるときは、身体を冷やさなくてはなりません。
まずは、木陰やエアコンの効いた部屋などの涼しい場所に移動しましょう。
そして、うちわや扇風機などであおぎ身体を冷やします。
その際に露出している肌に水をかけると一層効果的です。
氷嚢などがあれば、それを首やわきの下、太ももの付け根などに当てましょう。
そして、水分・塩分をしっかり取りましょう。
意識障害があったり、嘔吐していたりして水分が取れないような場合には、迷わずに病院を受診しましょう。


紫外線による影響は、日焼け止めだけでは防ぎきれません。
紫外線から身を守るため、目から入る紫外線についても気にかけてみてはいかがでしょうか。

また、各逓信病院Webサイトでも「白内障など紫外線が原因の目の病気」に関連する健康情報をご紹介しています。

【参考リンク】
東京逓信病院 「白内障予防の為の日常生活上の留意点
京都逓信病院 「眼科

季節の健康情報バックナンバー


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です