ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
【画像】印刷用のヘッダー画像です
現在の場所
ホーム  健康情報  中耳炎について(3月)
ここから本文です。

中耳炎について

3月3日というとひな祭りを思い浮かべる方が多いかと思いますが、33(みみ)の語呂から「耳の日」でもあります。
今回は、耳に係る病気の中でも、「中耳炎」について採りあげたいと思います。

中耳炎とは

耳は、外側から外耳、中耳、内耳に分けられます。
中耳で炎症が起きている状態を中耳炎といいます。
中耳には、気圧調整等のため、鼻からの空気が出入りできるようになっている通路(耳管)があり、耳管を通じて侵入したウイルスや細菌が炎症の原因となります。
中耳炎は子どもに比較的多くみられますが、その理由は、成長途中の乳児や子どもの耳管は未発達で十分な長さがなく、また角度も水平に近く、細菌等が侵入しやすいからと考えられています。
このため、子どもが風邪をひいたとき、鼻や喉に病気が起こったとき等は、特に中耳炎にかかりやすいとされています。

中耳炎の種類

風邪等により細菌等が中耳に入ることで炎症が起きた状態のことを「急性中耳炎」といいます。
症状としては、発熱や耳の痛み、耳閉感等があります。
急性中耳炎の後、中耳に浸出液(炎症などが原因で周囲の組織からしみ出た液体)が溜まったままになることがあり、これを「滲出性中耳炎」といいます。
症状としては、難聴や耳の圧迫感、耳鳴り等があります。
急性中耳炎が3ヵ月以上続いて治らないときは、「慢性中耳炎」といわれます。
症状としては、難聴や耳漏等があります。

日常生活における注意点

鼻をすすることで、細菌等が侵入する恐れがあります。
既に中耳炎に罹っている場合には、悪化させる恐れもあります。
花粉症の方は、特にこの時期、こまめに鼻をかむようにすると良いでしょう。
早期に受診することで、中耳炎を防いだり、軽い症状で終わらせることができることもあるので、中耳炎を疑う症状や、風邪が鼻に来ていると感じたときには病院での受診を検討するのも良いと思います。

各逓信病院Webサイトでも「中耳炎」についてご紹介しています。
ぜひご覧ください。


【参考リンク】
名古屋逓信病院  「中耳炎について



季節の健康情報バックナンバー


ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。

ラジオ体操動画

郵便局・ATMをさがす

日本郵政グループ 日本郵政 日本郵便 ゆうちょ銀行 かんぽ生命

ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です