ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  病院の沿革
ここから本文です。

病院の沿革

大正11年 5月5日 広島市西地方町134番地に広島逓信診療所として開設(現在の土橋町)(内科、外科の2診療科)
大正13年 7月8日 広島市大手町8丁目27番地の1に移転
昭和10年 12月22日 広島市基町6番地に新築落成診療開始
(建坪1,607m2、入院施設12室・30床)
昭和15年 7月12日 内科、外科、眼科、耳鼻咽喉科、小児科、歯科の6診療科となる
昭和17年 2月10日 広島逓信局総務部の一院として広島逓信局総務部逓信病院と改称(一般名称は広島逓信病院)
11月1日 広島逓信局 広島逓信病院となる
昭和18年 3月1日 産婦人科を設置
昭和20年 8月6日 原爆投下により建物設備は半焼破壊(職員48名のうち死傷者が37名)、病院には部内外の被爆負傷者が多数殺到、職員は献身的な救護治療活動に当たった
昭和21年 9月27日 戦災復旧工事を起工し、昭和24年7月に完成
昭和23年 7月15日 病棟新築工事完成(当時木造)
10月5日 健康管理科を設置
昭和24年 6月1日 二省分轄により郵政省の附属病院となる
昭和25年 5月14日 薬局を設置
昭和27年 10月4日 放射線科を設置
昭和32年 12月1日 管理棟新築工事完成(地上2階)
昭和33年 3月1日 皮膚泌尿器科を設置
昭和41年 7月31日 病棟新築工事完成、病床110床となる(地上3階)
昭和42年 6月1日 臨床検査科、看護部を設置
昭和45年 7月29日 薬局を薬剤部に改称
昭和47年 4月1日 整形外科を設置
昭和50年 10月1日 原子爆弾被爆者指定医療機関の指定
12月1日 被爆者一般疾病医療機関の指定
昭和51年 5月28日 現外来診療棟新築工事完成(地下1階、地上3階建て3,718㎡)
昭和55年 12月1日 保険医療機関の指定(一般開放)
12月3日 総合病院となる
昭和56年 3月1日 基準寝具の承認
5月1日 基準給食の承認
11月14日 生活保護法指定医療機関の指定
昭和59年 3月1日 基準看護(一類)の承認
昭和60年 2月1日 臨床検査科を廃止し、臨床検査室を設置
3月16日 養育医療担当機関の指定
6月1日 運動療法施設の承認
昭和61年 4月1日 基準看護(特一類)の変更承認
10月1日 第二内科設置(従来の内科は第一内科)
泌尿器科廃止
昭和62年 2月1日 放射線科を廃止し、放射線室を設置
7月1日 基準看護(特二類)の変更承認
昭和63年 2月1日 歯科廃止
平成4年 3月30日 管理棟、旧外来棟、模様替え工事完成
4月1日 総合病院の名称を変更(病床数110床から64床)
平成6年 3月23日 本館竣工
(地下1階、地上5階建て9,385.27㎡)
5月30日 本館において業務開始
(病床数64床から110床、うち 特別室11室、人間ドック室1室)
6月30日 総合病院となる
7月1日

特別管理給食加算承認

9月26日 カルテ中央管理システム導入
10月1日 新看護の変更承認(2.5:1、15:1から2.5:1、10:1)
平成7年 4月1日 処方箋電送システム導入
7月15日 旧外来棟模様替え工事及び仮庁舎(仮外来)模様替え工事完成
平成8年 1月15日 外来棟模様替え工事完成
4月1日 夜間勤務等看護加算の承認(Ia,Ib)
7月1日 院内感染防止加算の承認
10月31日 リハビリ棟増築工事完成
平成9年 4月1日 小児科薬剤情報提供料取得
遠隔保険相談・診断支援システム導入
6月1日 眼科薬剤情報提供料取得
9月1日 新看護の変更(2.5:1、15:1→2.5:1、10:1)
平成10年 4月1日 病院経営情報システムの導入
平成11年 9月30日 本館耐震工事完成
平成12年 4月1日 検体管理加算(I)の取得
5月1日 重傷者等療養環境特別加算取得
12月1日 薬剤管理指導料取得
平成14年 1月4日 薬歴管理システム(薬剤情報提供)導入
10月1日 医療安全管理体制実施の届出
褥瘡対策施設基準の届出
平成15年 1月1日 特別室22室に拡大(3階病棟10室、4階病棟12室)
4月1日 日本郵政公社法施行により日本郵政公社となる
5月1日 内科予約外来を開始
無菌製剤処理加算の取得
平成16年 2月1日 ヘルニア手術研修受入施設の開設
7月1日 広島郵政健康管理センターの発足
平成17年 4月1日 地域医療連携室の設置
平成18年 9月1日 ニコチン依存症管理料取得
平成19年 4月23日 日本医療機能評価機構の認定取得
10月1日 郵政民営化法施行により日本郵政株式会社組織となる
平成20年 2月1日 オーダリングシステム稼動
平成22年 4月1日 肝炎インターフェロン治療計画料の取得
5月1日 医薬品安全性情報加算の取得
7月1日 一般病棟入院基本料7対1の取得
平成23年 10月1日 がん性疼痛緩和指導管理料取得
糖尿病合併症管理料取得
平成24年 6月1日 50対1急性期看護補助体制加算取得
医師事務作業補助体制加算50対1取得
患者サポート体制充実加算取得
糖尿病透析予防指導管理料取得
7月1日 感染防止対策加算取得
医療安全対策加算取得
11月1日 病棟薬剤業務実施加算取得
平成29年 2月27日 電子カルテ稼働
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です