ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  診療支援部門  放射線室
ここから本文です。

放射線室

放射線室スタッフ

放射線室では、 X線や超音波などを使って人体の内部構造を画像化しています。 画像化することによって、患者さまの身体の中の情報を知ることができます。


放射線室には、 X線装置、CTの他に、MRI、超音波装置(エコー)、マンモグラフィ装置があり、疾患や部位によって様々な機器を使い分けています。

私たちスタッフは常に、技術の向上に努めています。
画像は機器で撮りますが、機器を扱うのは人間であり、その人の技術や工夫によって画像が変わり、画質にも影響してきます。単にスイッチを押せばよいというものではなく、患者さまの状態に合わせた撮影が要求されますので、より高いレベルの撮影ができるよう、日々研鑽しています。

CT検査の模様
CT検査
(18年12月配備の最新鋭CT。画像の鮮明さと迅速さが特長)臓器や組織を X線を利用して、輪切りの状態にして検査します。

患者さまは、撮影室で、大きな機械を前にして、緊張されることと思います。緊張を和らげるため、CT室にはBGMを流し、カーテンや壁を気持ちが和らげるような雰囲気の色にしました。


私たちはいつも、笑顔と分かりやすい言葉で応対しています。どうぞ安心して放射線室においでください。

超音波検査の模様
超音波検査 (18年12月配備)
高い周波数の音を部位に当て、その反射を画像化して診断する装置。リアルタイムで鮮明な断層画像が得られます。
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です