ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  第30回健康教室  第22回 健康教室
ここから本文です。

第22回 健康教室

日 時 平成19年10月13日 (土) 11時~12時
場 所 外来東館・3階会議室
内 容

「健康講話」

[1] 最近増えている“女性疾患”について

婦人科外来で診察していると、「ほてり」「のぼせ」「しびれ」「いらいら」「頭痛」「視力低下」「うつ状態」「頻尿」「尿失禁」などの症状を訴える女性が増えていることを感じます。

これらの症状は更年期障害との関連もありますが、注意したいことは、これらの症状が、更年期障害によるものとは限らないということです。

なんらかの症状が現れたとき、“更年期障害だと思って放っていたら、実は他の病気だった”ということもありますので、気になる症状が現れたときには、婦人科などの専門医を受診するようにしましょう。

健康講話では、代表的な疾患の症状をお伝えしながら、それが更年期障害によるものか別の疾患によるものかを解説していきます。

【内容】
  1. 最近増えている女性疾患の特徴と原因
    (子宮癌、卵巣癌、子宮筋腫、内膜症、排尿障害、出血、下腹痛)
  2. 治療方法と防止策
  3. 質問と回答
講師
【講師】

産婦人科医長  竹下 政志 (たけした まさし) (写真:右)

[2] 知って得する薬の話

【講師】

薬剤部副部長 日浦 昌洋

人 数 50名(先着順とさせていただきます)
参加費 無料
申込先 電話の場合:082-224-5350 (総務課)
ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です