ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  広島逓信病院だより  広島逓信病院だより No.115 2015.1
ここから本文です。

病院だよりNo.115 2015.1

信頼される病院を目指して

院長 井上 純一

 皆さま明けましておめでとうございます。
 本年が皆様にとって良い年になりますように祈念いたします。
 昨年を振り返りますと、4月に内科医師、10月に整形外科医師を採用し、診療の充実を図りました。7月には、中国地方では珍しい、宿泊型の産後ケアとして産後母子ショートステイ・サービスを開始し、報道機関等各方面からも注目を浴びました。今後も、出産後のお母さんの育児不安の解消に努めて参りたいと考えております。医療機器関係についても、X線画像診断システム、万能手術台、投薬表示装置の更改、鏡視下手術システム、循環器総合診断システムを新設しました。年度末までに、手術室の無影灯を更改する予定です。院内の施設・設備についても充実に努め、窓口ロビーに自動販売機を移設し、3階病棟に身体障がい者用のトイレを増設しました。さらに、患者さまからの医療福祉相談の充実を図るため、地域連携・医療福祉相談室の拡張工事を実施し、静かな相談室が完成いたしました。お気軽に医療福祉関係のご相談ください。現在、院内の全ての和式トイレを洋式トイレへの改修工事を進めており、今年、2月には完了予定です。
 患者さまからのご意見・ご要望にこたえるために毎年実施している患者さまアンケートにつきましても、「満足」、「やや満足」を併せて95%と高い評価をいただいています。当院をご利用される方々からのご意見・ご要望につきましては常時受け付け、改善につなげる取組を行っておりますので、お気づきの点がございましたら、お気軽にご指摘いただければ幸いです。
 今後も、地域及び職域から親しまれるために、社員一同、一生懸命に取り組み出来るだけ多くの患者さまとそのご家族の方々が笑顔となれるように信頼される医療サービスを提供して参りますので、本年も当院をご利用いただきますようよろしくお願い申し上げます。

C型肝炎に新しい治療の選択肢が加わりました。


第二内科主任医長 白神 邦浩 (日本肝臓学会 肝臓専門医)

 C型肝炎はC型肝炎ウイルスによって肝細胞に炎症が生じる病気で、日本には約150~200万人の感染者がいると推定されています。治療にはインターフェロン(IFN)という注射薬が使われ、現在では約80%以上の患者さんでウイルスの排除(治癒)が望めるようになってきました。ただし、副作用もあり、高齢者やうつ傾向のある人、貧血や血小板の少ない人など、IFN療法を行うことが難しい人も多くおられます。
 そこに昨年秋からIFNを使用しない新しい治療の選択肢が加わりました。ウイルスの複製に必要なタンパク質の合成を阻害することで、ウイルスが増えるのを抑える働きのあるダクラタスビルとアスナプレビルという2剤を併用する治療法で、両剤とも飲み薬です。治療期間は24週間で、治験のデータでは約85%の患者さんでウイルスを排除することができました。C型肝炎の治療は新たなステージに入ったと言ってもよいかと思います。
 ただし、この治療法は希望される人全員が受けられる訳ではなく、遺伝子型が1型の人の中で、上記など何らかの理由でIFNを行うことができない人、過去にIFNを行ったが無効だった人あるいは副作用のため中止となった人に適応となります。治療費も高額になるのですが(薬剤費のみで約270万円かかります。)公費助成制度の適応となり自己負担額は月々1~2万円で済みますので詳しくは主治医へお尋ねください。
 他にも現在治験が進行中の薬も複数あり、近い将来使えるようになると思います。あきらめずに治療していきましょう。

新任医師紹介


 整形外科医長 松永 匡史(まつなが まさし)
 平成26年10月1日より広島逓信病院整形外科に勤務させていただいております松永匡史と申します。私は、平成9年防衛医科大学校を卒業後、こちらの広島逓信病院へ勤務させていただくまでの間、自衛隊での医療に携わってきましたが、自衛隊を退職後は生まれ育った地元広島で勤務することができ大変嬉しく思います。
 今後益々高齢化社会が進み整形外科の需要が増加していきますが、膝関節疾患を中心に外外傷を含めた整形外科全般の医療を地域の皆様に提供していき、少しでも地域医療に貢献できるよう粉骨砕身頑張りたいと考えております。
 今後ともよろしくお願いいたします。

平成26年度 糖尿病教室(1~3月)の開催

 今年度の糖尿病教室のご案内は今回が最終となります。
 今回のテーマは「糖尿病全般について」と「糖尿病に特有な合併症について」です。
 教室は午後2時から東館3階 会議室(内科外来の上の階)で約1時間開催しています。
 どなたでも無料で、事前の予約なく参加いただけますので、たくさんの方のご参加をスタッフ一同お待ちしております。

 ※日程・講師・講義内容・開催場所については変更になる場合がありますのでご了承ください。
担当内容テーマ
1

内 科
保﨑副院長
糖尿病について
※糖尿病とは?合併症について
糖尿病全般
15
臨 床 検 査 技 師
糖尿病の検査について
※合併症の検査
22
薬 剤 師
薬物療法について
※内服薬の効果と副作用について
29
管 理 栄 養 士
食事療法について
※食事療法のQ&A
2
12
看 護 師
シックデイと災害時の注意点
※日常生活の留意点について
糖尿病に
特有な合併症
19
理 学 療 法 士
運動療法
※楽しくできる運動について
26 看 護 師
フットケア
※フットケアの重要性について
来年度の準備のため休講します。次回は、4月から開催します。

肝臓病教室のご案内

本年度から年4回「肝臓病教室」も開催しています。第4回目は、3月18日(水)午後2時から約40分、東館3階 会議室(内科外来の上の階)で開催します。今回のテーマは、「B型肝疾患」を予定しています。参加は自由です。肝臓病について一緒に勉強してみませんか!!

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です