ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  健康情報  広島逓信病院だより  広島逓信病院だより No.116 2015.4
ここから本文です。

病院だよりNo.116 2015.4

医学の進歩、治療の進歩 -「風立ちぬ、いざ生きめやも」-

副院長・第一内科部長 保﨑 泰弘

 私は平成21年4月に、広島逓信病院に再度赴任して以来(前年度は平成2年10月~平成7年6月)満6年となります。また、昭和57年に、医学部を卒業して満33年となります。卒業当時は、現在のC型肝炎は発見されておらず、非A非B方肝炎と言われておりました。その後、輸血後肝炎の研究から昭和63年5月に、C型肝炎ウイルス遺伝子が発見されました。その直後、私は大学病院でC型肝炎に対するインターフェロン治療を臨床治験段階で習得した後、平成2年に広島逓信病院に赴任し、インターフェロン治療を行って来ました。
 昨年9月には、C型肝炎の治療は経口2剤(アスナプレビル+ダクラタスビル)による治療が健康保険で認められました。24週間の内服治療により80%以上の治療効果が得られるようになりました。今後C型肝炎・肝硬変・肝がんの患者様の急速な減少が期待されます。同様な出来事は、昭和19年に、肺結核患者様に用いられる抗生物質のストレプトマイシンが放線菌から特効薬として発見された時のことを思い起こさせます。この発見は、戦後の急速な肺結核患者様の死亡率の減少に結びつきました。
 C型肝炎の治療と同様にB型肝炎についても平成18年7月より、エンテカビルの内服治療が可能となり、現在も多くの患者さまに服用していただいております。このエンテカビルに関しても、当時、私は大学病院で臨床治験をしていました。
 また、昭和58年に、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因としてヘリコバクター・ピロリ菌が発見されました。ピロリ菌は胃がんとの関連が示唆されています。その後、平成12年11月には、胃潰瘍・十二指腸潰瘍患者様に対するピロリ菌の除菌治療が健康保険で認められました。平成25年2月には慢性胃炎にも保険適応が拡大されました。
 除菌治療の甲斐あって、当院での胃がんの発見頻度は、過去4年間に当院で行った上部内視鏡検査(胃カメラ)6535症例を検討した結果、平成21年度には、1.95%(30例)から徐々に低下して、平成24年度には、0.74%(13例)と大幅な減少傾向を認めました。除菌が100%達成された場合、胃癌の発症は現在の1%未満にまで減少することが期待されています。
 当院では、今後の急速な医学の進歩に対応するため、大学病院と連携して臨床治験を含めて最先端の治療の提供に努めたいと思います。

私たちに、おまかせください!! ~母子ショートステイ・サービス~

 当院では、2014年7月から母子ショートステイ・サービスを開始し、これまでに7組の方に利用していただきました。「赤ちゃんの世話に追われ休養が取れない。」「おっぱいを上手に吸ってくれない。」など悩んでおられたお母さん方が、ゆっくり休養し育児や母乳の指導を受けることで、皆さん笑顔で帰られ、サービスを開始して良かったとスタッフ一同、うれしく思っています。また、当院には産婦人科・小児科がありますので、必要な時には、すぐに診察を受けることができ安心です。

利用者の声


・里帰りができないため、休みたいなと思い、利用しました。自分で思っていたより心身ともに疲れていたようで、良いリフレッシュになりました。
・素敵なサービスだと思います。今後も続けてほしいです。産後1か月以上の方も対象になれば良いと思います。
・ショートステイを体験し、母乳もたくさん出て、自宅に帰ってからも少し安心できそうです。
・ショートステイ中、助産師さんが、話しかけてくれるのがうれしくて、元気が出ました。
・初産で、産後不安でしたが、助産師さんがいろいろと教えてくれて、不安がなくなりました。自分なりの子育てをしていこうと思います。
・不安な面も、焦らずサポートしてくれて、子育てが楽しみになりました。
・家事をしなくて済むので、楽ちんでした。
・赤ちゃんの心配事を小児科の先生に相談できるから安心でした。
・機会があれば、次はこちらの病院で出産したいです。


助産師から皆様へ


・おひとり、おひとりの事情は違いますが、困っているのは一緒です。いつでも私たちにおたずねください。
・ささいに思うことでも、ママにとって困ったことは大事なことです。ミルクの作り方、ゲップのさせ方、母乳の与え方、抱っこの仕方、お風呂の入れ方、オムツのあて方、オムツのかぶれの手当てなど、何でもご相談ください。
・疲れている時はいつでも助産師が、赤ちゃんのお世話をいたします。ゆっくりと安心してお休みください。
・滞在中は、当院が誇る、おいしくて身体にやさしいお食事を「上げ膳・据え膳」でご用意いたします。

 慣れない育児と家事に頑張り過ぎているお母さん方をサポートいたします。お気軽に産婦人科外来へお問い合わせください。なお、当院でご出産されない方は事前に面談をさせていただきます。母子の状態によっては、ご遠慮していただく場合もございますので、ご了承ください。

産後母子ショートステイ・サービスのご案内

糖尿病教室(4月~6月)の開催

 今年度も4月より糖尿病教室を開始します。
 4月~6月のテーマは「糖尿病全般について」と「糖尿病に特有な合併症について」です。
 教室は午後2時から東館3階 会議室(内科外来の上の階)で約1時間開催しています。
 どなたでも無料で、事前の予約なく参加いただけますので、たくさんの方のご参加をスタッフ一同お待ちしております。
 ※日程・講師・講義内容・開催場所については変更になる場合がありますのでご了承ください。
 ※6月25日の内容が「食事療法」から「糖尿病の検査」に変更になっています。
担当内容テーマ
4 16 内 科 医 師
糖尿病とは
※糖尿病合併症について
糖尿病全般
(糖尿病とは?)
23
臨 床 検 査 技 師
糖尿病の検査について
※HbA1cの指標運用について
30 薬 剤 師
薬物療法について
※内服薬、低血糖時の対応方法について
5 14
看 護 師
日常生活の留意点について
※肥満・生活習慣病と糖尿病の関係
21 管 理 栄 養 士
食事療法について
※基本的な食事療法と食品交換表の使い方
28 理 学 療 法 士
運動療法について
※運動療法の必要性
6 11
外 科 医 師
糖尿病神経障害
※3大合併症の足の末梢循環障害について
糖尿病に
特有な合併症
について
18 看 護 師
フットケアについて
※足の手入れ方法、フットマッサージの実演
25 臨 床 検 査 技 師
糖尿病の検査
※糖尿病に特有な合併症の検査

肝臓病教室のご案内

本年度も年4回の予定で「肝臓病教室」を開催します。第1回目は、6月19日(金)午後2時から約60分、東館3階 会議室(内科外来の上の階)で開催します。参加は自由です。肝臓病について一緒に勉強してみませんか!!

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です