ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  外来診療のご案内  診療科のご案内  内科  内科検査案内
ここから本文です。

内科検査案内

当科で行っている主な検査内容についてご説明いたします。
(知りたい検査の名前をクリックしてください)

外来で行われる検査

入院で行われる検査・治療

当科で行っている主な検査内容についてご説明いたします。

各種血液、尿、便検査

血液、尿、便を調べることで、貧血の有無や肝機能・腎機能、血糖や血液中の脂肪の状態をみます。この情報に基づいて、必要があれば、以下に記したような検査を進めていきます。また予約当日行った検査の結果は診療時にお見せして説明できるようにしています。(特殊な検査項目は除きます。)検査結果が出るまで少し待っていただきますが、診療時間が決まっていますので、 安心して待っていただけます。

胸部レントゲン

肺炎や肺腫瘍の有無の検索目的に撮影するだけでなく、心臓の形、肺のむくみなどから、心疾患を予測したり、心不全の程度を評価したりもします。

心電図(安静・運動負荷)

胸部および四肢に電極を付け、心臓の電位波形を計測します。
安静時心電図:心筋梗塞の既往や心肥大の予測、不整脈の診断などに用いられます。
運動負荷心電図:階段昇降等、運動時の心電図を計測します。狭心症や不整脈の診断などに用いられます。

ホルター心電図

携帯型心電図をつけて普段の生活をしている間の簡易的な心電図を24時間記録します。
来院時にはなかなか捕まらない不整脈や狭心症の診断や、治療効果判定に有用です。

脈波伝搬速度測定検査

脈派伝搬速度を測定することで動脈硬化を発症早期から評価できるようになりました。10分前後で測定できる非侵襲的な検査です。

心臓超音波(エコー)検査

超音波を使って心臓や血管の形態、機能、血流の評価をします。
経胸壁心エコー:心肥大、心運動異常、弁膜症の状態が分かります。
経食道心エコー:胃カメラの様な管の先端に超音波探触子が付いた機械で、食道内から心臓や大動脈を評価します。食道と心臓の間には邪魔をする臓器がないため、経胸壁心エコーでは見えにくい部位も明瞭に見ることができます。

腹部超音波検査

超音波検査とは「エコー」とも呼ばれる検査です。超音波を発信し、臓器に当たった波形をコンピュータで画像に変換し、診断する検査です。腹部の臓器(肝臓、胆嚢、総胆管、腎臓、脾臓、膵臓など)を観察します。

胃X線検査(胃透視)

バリウムを飲み、食道、胃や十二指腸の状態をみます。人間ドックなどの上部消化管のスクリーニングだけではなく、手術前の胃の病変の正確な位置の確認まで幅広い用途があります。

消化器内視鏡検査

消化器内視鏡とは「胃カメラ」や「大腸ファイバー」とも呼ばれる先端にビデオカメラのついた管状の装置です。口やお尻から直接消化管の内側に進み、消化管の粘膜面を観察したり、器具を使って患部から組織を取ったり、出血を止めたりの治療などを行なうことができます。本院では内視鏡専門医が診療に当たっています。診断や治療が確実であるのは当然として、すこしでも楽に受けていただくことも大切と考えています。患者さまのご希望によって、検査の前の注射に鎮静剤も用いて少し眠たくなるようにしています。また、検査件数も一日10件程度にとどめ、検査医が余裕を持って丁寧におこない、手荒い検査にならないように心がけています。検査結果も検査終了後、検査医より説明いたしております。

なお大腸内視鏡検査については、前処置として、前日眠前の下剤内服と当日の朝1.5リットルの水薬を飲んでいただき、腸内に残った便を洗い流します。検査直前に鎮静剤を注射して少し眠たくなるようにしています。曲がった形をしている大腸のなかを進みますので、ところどころ押されたりつっぱったりする感じがします。平均的な検査時間は、小腸と大腸の境目まで進むのに10分足らず(9割の方が15分以内)、戻りながら大腸全体を観察するのが10分足らずです。

ヘリカルCT(コンピューテッドトモグラフィー)

X線によって各臓器の断層像を得ることができます。頭部では、出血や梗塞などを、胸部では、肺炎や肺腫瘍の有無を、腹部では、腹部の臓器疾患(肝臓、胆嚢、総胆管、腎臓、脾臓、膵臓など)の観察します。また疾患や臓器によっては造影剤(検査前点滴投与)を併用し、より詳細な画像を得ることによって、診断に利用しております。

MRI(磁気共鳴イメージング)

強力な磁場を用いて、各臓器の画像を撮影することができます。また疾患や臓器によっては造影剤(検査前点滴投与)を併用し、より詳細な画像を用いて診断に利用しております。

入院診療

内科は4階に50床(うち個室21床)の患者さまを収容可能です。入院される患者さまは、病状が軽くなく入院治療を必要とされる方、検査や治療のために入院が必要な方です。入院は基本的には予約順ですが、緊急患者さまが優先されることがありますので、御了解ください。

入院で行われる検査・治療

下記の検査・治療は入院の上、行われています。

腹部超音波下肝生検

当院では原則入院して行います。超音波診断装置を用いて肝臓の目的とする部位、また目的とする肝腫瘍を確認します。肝臓内部の太い血管を避けるように超音波で見ながら「生検針」という組織や細胞を採取する針で取ります。検査前日に入院していただき、検査翌日に退院していただきます。

治療内視鏡 内視鏡的大腸ポリープ切除術

腺腫のような癌になる可能性がある良性ポリープや悪性ポリープ(早期癌)の一部が内視鏡的切除術の適応となります。癌であっても、大腸表面の粘膜の中のみに癌がみられる粘膜内癌は内視鏡で完全に治療することが可能です。大きさとしては1回で切除できる2cm位までのポリープが適応となりますが、さらに大きいものでも複数回に分けて切除することもあります。前処置は通常の大腸内視鏡検査と同じです。検査前に腸を洗浄する液を服用し、腸をきれいにします。実際の手順は次のようになります。内視鏡でポリープを確認すると、内視鏡の先端から注射針を出します。ポリープの下に生理食塩水を注入し、ポリープを持ち上げます。次にリング状のワイアーでポリープをつかみ、高周波電流で焼き切ります。ポリープを切除する際には痛みはありません。所要時間はおよそ30分程度です。切除したポリープは回収し、組織検査を行ないます。組織検査の結果で追加治療が必要な場合もあります。合併症として、切除後の傷からの出血や大腸に穴があく穿孔の可能性があります。このため当院ではボリペクトミーをした患者さんには3日間入院のうえ、経過観察をさせてもらっています。

内視鏡的早期胃癌粘膜切除術

胃腺腫のような癌になる可能性がある良性ポリープや一部の早期癌が内視鏡的切除術の適応となります。また消化管出血の原因となるポリープも治療適応です。大きさとしては1回で切除できる2cm位までのポリープが適応となりますが、さらに大きいものでも複数回に分けて切除することもあります。手技方法は大腸ポリープ切除術とほぼ同様です。所要時間はおよそ30分程度ですが、病変の場所や大きさなどによっては時間がかかることもあります。胃粘膜切除部は胃潰瘍となります。そのため胃薬を開始し、当日は絶食、翌日から一週間潰瘍食を食べていただきます。翌週の胃カメラ検査で潰瘍の治り具合を確認し、問題なければ退院となります。切除したポリープは回収し、組織検査を行ないます。組織検査の結果で追加治療が必要な場合もあります。合併症として、切除後の傷からの出血や胃に穴があく穿孔の可能性があります。

内視鏡的消化管出血止血術

胃潰瘍や十二指腸潰瘍では合併症として出血を伴うことがあります。潰瘍の所の血管が破れるのが原因ですが、出血量が多量になると生命に危険が生じます。この場合昔は緊急手術が行われていましたが、現在では内視鏡による止血法が発達普及し、その止血率はいずれも90%以上と良好で緊急手術の必要性はほとんどなくなりました。内視鏡的止血術としてはクリップ、エタノール注入、アルゴンプラズマ凝固を主に用いておこなっております。
食道静脈瘤では硬化療法、結紮療法により止血術をおこなっています。予防的治療も行っています。

胃瘻の造設

嚥下困難の患者に対する経鼻チュ-ブ栄養に変わるものとして内視鏡下胃瘻造設を行っています。胃瘻造設に要する時間は30分程度であり、患者のQOLを考えると非常に有意義な手技といえます。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です