ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  医療支援部門のご案内  薬剤部
ここから本文です。

薬剤部

病院理念に基づき、医薬品の有効性と安全性の確保ならびに適正使用を通じて患者さまの信頼に応え、効果的な薬物療法を推進し、専門性を生かしたチーム医療に貢献することを心がけています。

調剤業務

 電子カルテと連動した自動調剤システム(全自動錠剤分包機、自動散剤分包機、薬袋・ラベル・お薬手帳シール発行プリンター)と抗がん剤無菌調製支援システムを導入し、調剤業務の効率化と精度の向上を図っています。医師の処方に基づき、調剤および注射薬の患者別セット、医薬品の購入と供給、麻薬・向精神薬・特定生物由来製品の管理業務等を行っています。調剤時には、処方内容を薬剤師の立場から監査し、医薬品の適正使用に努めています。

抗がん剤無菌調製業務

 電子カルテを利用した抗がん剤のレジメン管理に加え、2015年3月より安全キャビネットと抗がん剤無菌調製支援システムを導入しました。抗がん剤調製支援システムは、投与量計算、医薬品のバーコード認証やシリンジスキャナを利用する秤量監査システムで、人為的なミスを防止しています。
 抗がん剤を使用される患者さまの投与量や投与間隔のチェック等の治療履歴を管理し、複数の薬剤師により処方内容(薬剤・投与量・投与間隔など)を確認することで、安全で効率性の高いがん化学療法を追及しています。

病棟・薬剤管理指導業務

 入院患者さまに、治療で使用している内服薬、外用薬、注射薬に関する、薬品名、薬効、副作用、注意事項等を説明しています。必要に応じて患者さまのベッドサイドを訪れて医薬品の情報提供を行い、患者さまのお薬に対する副作用などの不安の解消を図ったり、副作用の程度の確認を行いその改善の提案などを行ったりしています。
 また、持参薬鑑別と処方提案や抗がん剤無菌調製、医療従事者からの問い合わせの対応もしています。

医薬品情報管理業務

 患者さまに医薬品の適正使用が行われることを目的に、日々更新される医薬品安全性情報や添付文書改訂情報等の医薬品情報や文献等、様々な資料を収集・整理し、管理しています。これらの情報を加工し、DIニュース等の情報を電子カルテ内で配信し、医療スタッフへの情報提供を行っています。

委員会活動等

 薬事委員会、医療安全委員会、感染対策委員会、輸血療法委員会、褥瘡対策委員会、栄養管理委員会、広報委員会等に参加し、各部署と連携を図り、積極的に活動を行っています。また、年に6回程度、薬剤部内で研修会を行い、より正確な医薬品情報を共有し、安全で適切な医療を実践できるように努めています。

病院薬剤師の専門・認定資格取得状況

所属学会等

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です