ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  医療支援部門のご案内  リハビリテーション室
ここから本文です。

リハビリテーション室

リハビリテーション概要

 「リハビリテーション=機能回復訓練」と思われがちですが、本当はとても広い意味があります。「リハビリテーション」(Rehabilitation)は、re(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。つまり、単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションなのです。 したがって、障害を治すだけでなく、障害を持った人が障害を持ったままでも、より良い人生を送ることができるよう、支援を行なっていくことが重要であると考えられています。そのためには、今までの生活の中で、「できなくなってしまったこと」や「こんなことがしたい」という希望に対して、本人を支える人々やリハビリテーションによって、残された能力を最大限に引き出し、1人1人の人生に合った生活能力を獲得し、豊かな人生を送るようになることが大切なのです。それに加えて、予防の観点から日頃から生活に運動を取り入れたりすることも、重要なリハビリテーションのひとつであると考えられています。

運動器リハビリテーションとは

 運動器リハビリテーションとは、骨や筋肉、靱帯などのけがや病気に対して、病気の部分のみでなく低下した運動の能力や、からだ全体の機能を早期に回復させて日常生活の質を向上させる総合的な治療法です。
手足や骨盤、脊椎の骨折、関節の靱帯損傷、膝関節や股関節の変形性関節症、腰部脊椎管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患、骨腫瘍などが対象になります。

脳血管疾患等リハビリテーション、廃用症候群リハビリテーションとは

 脳血管リハビリテーションとは、脳梗塞、脳出血などを中心とする脳血管障害の患者様、又は臥床に伴う廃用症候群を有する患者様に対して機能訓練、ADL訓練などを行う治療法です。
 急性期からのリハビリは、外科の治療や看護と併行して行うことで、廃用性症候群(使わない事で起こる二次的合併症:筋力低下・関節拘縮・体力低下・意欲低下など)を防ぐことができます。また、今後の生活に必要な日常生活の行為動作、つまり坐る・食べる・排泄する・移動する等の方法を早期に獲得することができます。

呼吸器リハビリテーションとは

 呼吸器リハビリテーションとは、肺気腫・慢性気管支炎のような慢性閉塞性肺疾患、肺炎、神経や筋肉の病気による呼吸機能の低下、人工呼吸器をつけた状態、術後で排痰しにくい状態等の患者が対象です。病気によって変わりますが、呼吸介助手技や体位排痰法、呼吸筋の筋力訓練・リラクゼーション、腹式呼吸訓練等が行われます。また、全身の軽い運動が胸郭全体の動きを改善したり、廃用になっている筋肉を強めることによって、呼吸器の症状も改善する場合があります。

がん患者リハビリテーションとは

 がんの種類や進行、がんに対して行う治療及びそれに伴って発生する副作用又は障害等について十分な配慮を行った上で、がんやがんの治療により生じた疼痛・筋力低下・障害等に対して、二次的障害を予防し、運動器の低下や生活機能の低下予防・改善することを目的として治療します。種々の運動療法、実用歩行訓練、日常生活活動訓練、物理療法、応用的動作能力、社会的適応能力の回復等を組み合わせて個々の症例に応じて、がん患者リハビリテーションに関する適切な研修を修了した理学療法士がリハビリを実施します。

物理療法とは

 「物理療法」は、身体に物理エネルギー(温熱、寒冷、電気刺激、光線、その他)を加えることで、生理的生化学的変化を起こし、血液循環の改善、筋の緊張や痛みを除去、軽減するものです。膝や肩などの関節痛や腰痛などの軽減や運動しやすくすることを目的とします。
 当院では、「電気療法」、「温熱療法」、「力学的療法」を行っています。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です