ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  京都逓信病院ブログ  中京西部医師会症例検討会で発表してきました
ここから本文です。

第30回中京西部医師会症例検討会

2017年10月30日

京都@逓信病院です。

先週の10月21日(土)にANAクラウンプラザホテル京都で行われた「中京西部医師会症例検討会」で、当院第一内科から南部拓央医師が発表してきました。これは、NHKの「総合診療医ドクターG」形式で毎年行われている研究会です。今回の当番施設である京都民医連中央病院院長の挨拶に始まり、京都市立病院、洛和会丸太町病院、民医連中央病院からも1題ずつ演題が出て、大変活発な討論が行われました。

「南部医師講演1」

「南部医師講演2」

タイトルは「高熱を伴う無痛性頸部リンパ節腫脹と肝機能障害を来たした一例」です。興味深いdiscussionが行われました。

「当院からの参加者」

発表終了後の懇親会では、4病院ならびに近隣の開業医の諸先生方と交流を一層深めることが出来て、大変よい機会となりました。


ここまで本文です。

ここからサイドメニューです。
ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です