ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  京都逓信病院ブログ  京都北部CDEの会で発表してきました
ここから本文です。

第22回京都北部CDEの会 講習会

2017年11月24日

京都@逓信病院です。

11月18日(土)に第22回京都北部CDEの会講習会(日本糖尿病療養指導士認定機構 京都府糖尿病療養指導士認定機構 日本薬剤師研修センター 臨床検査技師関係研修会 1単位取得)が、舞鶴市の「ホテルマーレしかた」で行われ、当院第一内科の南部拓央医師から発表がありました。

京都北部CDEの会代表世話人国立病院機構舞鶴医療センター薬剤部上田善美先生の挨拶に始まり、同副検査技師長小原伸之先生、また特別講演として天理よろづ相談所病院内分泌内科部長林野泰明先生の登壇がありました。

「南部医師講演1」

「南部医師講演2」

肥満をベースに合併することの多い睡眠時無呼吸症候群と糖尿病の関連性、およびこれらの疾患に対する当院での取り組みに関する内容でした。

最後は、あいおい橋四方クリニック院長四方泰史先生の挨拶で閉会となりました。

冬間近、小雨の降る寒い舞鶴の夜でしたが、舞鶴市内のドクター・薬剤師・臨床検査技師・看護師らが多数参加され、大変熱いdiscussionが行われ、内容の濃い研究会になりました。

当院では睡眠時無呼吸症候群に対して積極的に診断・治療を行っています。

睡眠時無呼吸症候群についての詳細は下記リンクをご参照ください。

http://www.hospital.japanpost.jp/kyoto/outpatient/special/index.html

ここまで本文です。

ここからサイドメニューです。
ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です