ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  知って防ごう!熱中症
ここから本文です。

知って防ごう!熱中症

熱中症にはどんな症状がありますか?

症状 重症度
  • めまい・失神
    「立ちくらみ」のこと。“熱失神”と呼ぶこともあります。
  • 筋肉痛・筋肉の硬直
    筋肉の「こむら返り」のこと。これを“熱痙攣”と呼ぶこともあります。
  • 大量の発汗
  • 頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感
    体がぐったりする、力が入らないなどがあり、従来から“熱疲労” “熱疲弊”と言われていた状態です。
  • 意識障害・痙攣・手足の運動障害
    呼びかけや刺激への反応がおかしい、体にガクガクとひきつけがある、真直ぐ走れない・歩けないなど。
  • 高体温
    体に触ると熱いという感触です。従来“熱射病”などと言われていたものがこれに相当します。

熱中症を防ぐには

(1)暑さを避けましょう
  • 日陰を選んで歩く。
  • 朝のうちに打ち水をする。
  • ブラインドやすだれを垂らす。
  • 日傘をさす。
  • 帽子をかぶる。
  • 扇風機や空調(エアコン)を使う。
(2)服装を工夫しましょう
  • 吸汗・速乾素材や軽・涼スーツなども活用しましょう。
  • 太陽光の下では、熱を吸収して熱くなる黒色系の素材は避けた方がよいでしょう。
  • 襟元はなるべくゆるめて通気しましょう。
(3)こまめに水分を補給しましょう
  • 喉が渇いたなと感じる前に飲みましょう。
  • 暑いところに出る前から水分を補給しておきましょう。
  • 水分と塩分が一緒に補給できるイオン飲料がおすすめ。
  • アルコールでの水分補給は逆に水分の排泄を促してしまうため要注意です。
(4)個人の条件を考慮しましょう

熱中症の発生には、その日の体調が影響します。
脱水状態や食事抜きといった状態で暑い環境に行くことは、絶対に避けましょう。特に二日酔いの人は非常に危険ですから、体調が回復して食事や水分摂取が十分にできるまでは、暑いところでの活動は控えましょう。
活動の後には体温を効果的に下げるように工夫します。そのためにはよい睡眠をとり、涼しい環境でなるべく安静に過ごすことが大切です。
風邪などで発熱している方や、下痢などで脱水状態の方、小児やご高齢の方、心肺機能や腎機能が低下していたり、自律神経や循環機能に影響を与える薬を飲んでいる方などは、熱中症に陥りやすいので、暑い場所での運動や作業の負担を軽くしましょう。

引用資料:熱中症環境保健マニュアル
http://www.wbgt.env.go.jp/heatstroke_manual.php別ウィンドウで表示します。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です