ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  花粉症の予防と治療
ここから本文です。

花粉症の予防と治療

花粉症でみられるさまざまな症状

花粉症は植物の花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりが3大症状として知られています。しかし、人によってはこれに伴って、目の症状やのどの症状、全身倦怠感などをはじめ、さまざまな症状がみられることもあります。 

花粉症の症状はなぜ起こるのか

花粉症の症状は、多くの場合「ヒスタミン」という物質が関わって起こします。ヒスタミンとは、皮膚に存在する「肥満細胞」という細胞に含まれる化学物質のひとつです。花粉症の患者さんのからだの中に花粉が入ってきて、肥満細胞からヒスタミンが放出されると、このヒスタミンが鼻の粘膜にある神経や毛細血管を刺激して、花粉症の症状を引き起こすのです。

花粉症の原因となる花粉

日本では、花粉症のなかでもスギヒノキの花粉症が多いため、花粉症といえば春、と思われているかもしれません。しかし、スギやヒノキなどの花粉のほかにも、秋に飛ぶイネ科キク科植物などの花粉によっても花粉症は起こります。また、日本では約60種類の花粉が花粉症の原因として報告されていて、地域によっても飛ぶ花粉の種類や時期は違います。

自分でできる予防対策

外出時は花粉との接触をできるだけ避けるために、マスクやメガネを着用し、服装も表面がスベスベした素材の上着を着ることをお勧めします。また、テレビや新聞などの花粉飛散情報のチェックも毎日の行動の参考に役立ちます。
花粉症のシーズンは、帰宅したら花粉をよくはらい落とすようにし、家の中に花粉を持ち込まないようにしましょう。それでも入ってきてしまった花粉は、こまめに掃除をして除去することも大切です。 

花粉症の治療法

花粉症患者さんのシーズン中のつらい症状をできるだけ軽くするために、花粉が飛び始める前から治療を始めることを花粉症の「初期療法」といいます。初期療法を開始するタイミングは、例年症状が強く出る人では、「花粉飛散開始日の2週間くらい前から」が基本です。この初期療法により、以下のようなメリットがあると考えられています。

花粉症の治療薬

現在のところ、花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の出方や重症度によって飲み薬や点鼻薬が使われます。ベースとなるのは「抗ヒスタミン薬」の飲み薬で、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどを軽くする効果があります。指示通りにきちんと飲み続けることが大切なので、花粉の飛ぶ量が少なく症状が軽い日なども自己判断で飲むのをやめないようにしましょう。

重症度に応じた治療法

花粉症の症状の出方や重症度は人によって違うので、病院では、それぞれの人に合った治療薬を選んだり、何種類かの治療薬を組み合わせたりして、最適な治療を行います。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です