ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  ドライアイ
ここから本文です。

ドライアイ

 涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。現在、日本では約800万人ものドライアイの患者さんがいるといわれています。

涙の産生と排出

 涙は、涙腺という眼球の外上側にある組織で作られ、まばたきで目の表面に行き渡ります。大半は、目頭にある「涙点」という小さい穴から鼻の奥に排出され、一部は目の表面から蒸発します。

ドライアイの症状

 目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、いろいろな目の不快感を生じます。

ドライアイによる目の障害

 涙は目の表面を潤すだけでなく、角膜や結膜の細胞に栄養を供給しています。ドライアイでは、目の表面の細胞に傷ができやすくなります。

原因

  1. 涙の質・量の低下
    • 年齢、ストレスなど
  2. まばたきが少ない
    • パソコン、運転、読書など
    • 目を酷使する細かい作業など
  3. 涙が蒸発しやすい
    • 冬の乾燥した季節、乾燥した部屋など
    • コンタクトレンズ
      特にソフトコンタクトレンズ装用者
  4. その他
    • 自己免疫疾患、アレルギー性結膜炎など

ドライアイの治療

(1)点眼薬
 症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチン製剤などが用いられます。
(2)涙点プラグ
  涙の出口である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の排出を遮断するような治療を行うこともあります。
(3)悪化要因の除去
  長時間のVDT作業や運転では、まばたきの回数が減るのでドライアイ症状を悪化させます。適度の休みを取ることが重要です。
  また、コンタクトレンズの装用時間や回数などを減らすことも一つの手です。
(4)その他
  目の保湿を図るために、加湿器を用いたり、エアコンの設定を変えるなども有効です。メガネの周りに覆いを付けることも目の周りの湿度を上げるのに有効です。

まとめ

 ドライアイは失明などの重篤な結果をもたらすことは少ない病気ですが、慢性的な目の不快感や疲れをもたらします。
 目の異物感や目の疲れを感じたら眼科を受診するようにしましょう。

眼科医長  喜田有紀

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です