ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  『お薬手帳』を持ちましょう!
ここから本文です。

『お薬手帳』を持ちましょう!

~非常時に“薬の情報”がわからないと、命に関わることがあります!~

 もしも自分が毎日飲んでいる薬の名前を知らないとすると、地震などの大災害が発生した際に避難先の病院などで「どんな病気で、どのような薬を飲んでいましたか?」などと質問されても、あいまいにしか答えられないでしょう。これでは医療機関は何のことかわからず、迅速に適切な対応がとれません。そのため病状が悪化してしまうかもしれません。
 外出先や旅先で、緊急に医療機関にかかる際にも、普段飲んでいる薬の内容は大切な情報です。

お薬手帳とは・・・?

 医療機関を受診して処方されたお薬の名前や飲む量、飲み方、注意に関することなど“薬の情報”を記録するための手帳です。
 いつ、どこの医療機関から、どんな薬が処方されたかわかります。
 東日本大震災では、お薬手帳の情報がとても役に立ちました。

お薬手帳は、こんな時役立ちます!

  1. 外出時や旅先で、緊急に医療機関にかかる時や災害にあった時、お薬手帳があれば、どんな薬を飲んでいるのかがすぐにわかります。
  2. 2つ以上の医療機関(例:内科と整形外科)にかかる場合、お薬手帳があれば、今飲んでいる薬との飲み合わせなどを薬剤師や医師が確認することで、薬をより安全に飲むことができます。
  3. お薬手帳にアレルギーや今まで経験した副作用が書いてあれば、副作用の未然防止に役立ちます。
  4. 薬局で一般用医薬品を購入する場合も、お薬手帳を薬剤師に見せれば、今飲んでいる薬との飲み合わせなどを確認できます。
  5. 薬を飲んでいて気になることがあった場合、お薬手帳に記載し、診察時に医師にみせれば、より速やかに情報が伝わります。

お薬手帳一口メモ

●医療機関ごとあるいは薬局ごとのお薬手帳を作るのではなく、一冊のお薬手帳にまとめるようにしましょう。
●お薬手帳と診察券、保険証を一緒に保管しておくと良いでしょう。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です