ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  更年期障害について
ここから本文です。

更年期障害について

症状

更年期にはエストロゲンの低下により身体的に変化が起き、図のような色々な症状が見られます。これらの症状が日常生活に支障を来す場合に「更年期障害」といいます。

診断

更年期障害は、他の病気(特にうつ病、悪性疾患、甲状腺機能異常など)からこれらの症状が出てくる場合がありますので、隠れた病気がないかどうかを含めて診断していく必要があります。
問診、体重、血圧、血液検査(貧血、肝腎機能、ホルモンなど)、子宮・卵巣・乳房検査などを行います。

女性のライフサイクル

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量による変化が関係しています。
更年期は性成熟期と老年期の間で閉経前後の約10年間(45~55歳)にあたります。この時期は家庭や職場の女性個人を取り巻く環境の変化があり、女性の第二の人生のスタートの時期とも考えられます。

治療

薬物療法(1、2、3)とその他(4、5)があります。
薬物も単独ではなく、必要に応じて併用します。

  1. ホルモン補充療法: エストロゲン製剤を投与する方法です。内服薬、貼付薬があり、定期的に副作用のチェックが必要です。使用にはガイドラインがあり、この療法ができない場合(乳がん、子宮体がん、血栓症、狭心症のある方)があります。
  2. 漢方療法: 保険適応の漢方製剤を使用します。
    代表的なものには加味逍遙散、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸があります。
  3. 向精神薬: 睡眠導入剤、抗不安薬、抗うつ剤を使用します。
  4. カウンセリング
  5. 食品

男性の更年期障害

男性ホルモンも20代から徐々に低下しますが、女性のような劇的な変化をしないため、あまり認識されていませんでした。しかし、女性の更年期障害と似た症状が40~50歳代の男性にもみられ、注目されてきています。

最後に

更年期は個人差があり、症状をほとんど感じないで過ごしている人もいる一方で、症状が重く日常生活がつらい上に、この先何年続くのだろうという不安感から悪循環に陥ってしまう人もあります。色々な症状が更年期症状のようで、つらいと思ったら、悩んでいないで産婦人科に受診しましょう。まず、症状をよく話したうえで診断をうけ、説明を受け納得した上で自分に合うと思う治療を選択しましょう。治療法は一通りではなく、また症状の変化や年齢とともに変更していくこともあります。十分な管理の下で症状をみながらうまく付きあって行って下さい。

産婦人科 主任医長 山田 文子 先生

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です