ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  睡眠時無呼吸症候群について
ここから本文です。

睡眠時無呼吸症候群について

SASとは?

 睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は交通事故などを起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。


検査方法は?

 まず、無呼吸を指摘されたり、SASの疑いがある場合は、専門医療機関などへ受診しましょう。
 問診時に睡眠、自覚症状について質問させていただき、その後の検査方法を決定します。SASが疑われる場合は、夜間の睡眠状態を観察するために、入院をして検査をさせていただく方法が一般的ですが、当院では簡易アプノモニターを使ったスクリーニング検査を行っています。

検査の流れは?

 耳鼻咽喉科外来に受診⇒別途予約日に簡易アプノモニターをお持ち帰りいただく。⇒ご自宅で簡易アプノモニター装着して就寝⇒後日簡易アプノモニター持参していただく。⇒次回受診日に解析結果報告。といった流れになります。

治療方法は?

SASと診断された場合、次に治療法を決定します。治療は、内科的治療(CPAP)、歯科装具、手術に分けられます。患者さんにあった治療法を患者さんと相談しながら医師が選択します。また、治療を効果的に行うためにも生活習慣の改善に心がけましょう。

耳鼻咽喉科 大橋 雅玄

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です