ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  アンジェリーナ・ジョリ-の選択
ここから本文です。

アンジェリーナ・ジョリ-の選択

少し前に、アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリーが、乳がんになるのを避けるために「予防的乳房切除術」を受けたというニュースがありました。

身近な家族にこの病気にかかった人が二人いた為、遺伝子検査を受けてみたところ、彼女も85%という高い確率で乳がんを発症するというデータが出たからです。

彼女の受けた遺伝子検査とは、どんな検査でしょうか。

実を言うと、がん細胞は日々私たちの体の中で生まれていて、日々やっつけられています。やっつけているのは、がん抑制遺伝子や白血球などのような免疫と呼ばれるチームです。アンジェリーナの場合、がん抑制遺伝子に変異があって、このチームが少々頼りなくなっているので、病気のほうが優位になりますよ、という結果が出たわけですね。

この検査は、腕から少量の血をとって行われますが、その特殊性や費用の面から、いつでもどの病院でもという手軽な検査ではありません。当院では、間もなくこの検査ができるようになります。

自分が、がんにかかる確率を知るには、もう一つ統計という手があります。 日本女性の15人に1人は乳がんにかかると言われています。これは他の先進国に比べ、決して高い数字ではありません。日本では、乳がんにかかったり、死亡したりする割合は低いのです。しかし、他の先進国で乳がんによる死亡率は低下しているのに対し、日本では年々増加しています。これは適切に検診を受けていないのが、大きな原因と言われています。 日本女性の乳がん検診率は全国平均で22.8%、名古屋市に至っては19.8%(2010年厚生労働省)という低さなのです。

がんの治療法は年々進化していますが、早期発見は、もっとも強力な治療の味方です。ぜひ、定期的な健診を受けてください。

当院では、乳がん検診は外科外来か、人間ドックのどちらかで受けることができます。

外科で検診を受ける場合

1階にて外科受診の手続きをお取りください。手続きで分からないことは、ホールに常駐している看護師がお答えします。

外科にて以下の検査を行います。

1.マンモグラフィ
乳房のX線撮影を行います。
2.視触診
外科医が目で見たり、実際に触ったりして変形やしこりがないか確認します。

結果はその場でおおよそのことを説明いたします。40歳以上で名古屋市在住の方は、2年に一度、市の助成を受けられます。 以上の検査で、もう少し詳しく調べたほうがよいとなれば、超音波検査、MRI等に進みます。

人間ドッグで、追加オプションとして受ける場合

お電話ください→052-932-7174
受付時間:9:00~16:30(月~金)

アンジェリーナの夫、ブラッド・ピッドは「彼女にのぞむのは、自分や子供たちと一緒に、健康で長生きしてほしいということだけ」とコメントしました。

どこも痛いところがなくて、家族と一緒のご飯がおいしい! そんな当たり前の毎日を続けるために、ぜひ検診を!

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です