ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  食中毒を予防しよう!!
ここから本文です。

食中毒を予防しよう!!

食中毒は1年中発生しますが、湿度や温度が高くなる初夏から秋にかけては、食べ物が傷みやすく、食中毒の件数が多くなります。
特に、行楽シーズンとなり屋外で食事をする機会も増え、楽しい食事で食中毒になっては悲しいですよね。

食中毒予防3つのポイントをご紹介します。

その1 つけない

まず、食品に細菌をつけないためには、手や調理器具はこまめにきれいに洗うことが大切です。
魚や肉、野菜など生ものに触ったあと、お刺し身やかまぼこなど、直接口に入れるものに触れる前はこまめに手を洗い、使う器具も洗いましょう。
また、調理の前、トイレの後の手洗いは、石鹸を使って忘れずに行いましょう。


(政府広報オンラインより転用)

その2 増やさない

冷蔵庫で保存すべきものは、買ってきたらすぐに冷蔵庫に入れましょう。
生鮮食品は最後に購入し、長時間持ち歩かず、2時間を超える場合は保冷剤を使いましょう。
低温で管理すれば、細菌は増えることができません。もちろん、冷蔵庫の中の温度は10℃以下というのは前提です。
冷蔵庫の中は、詰め込みすぎないようにして、余裕を持っていれるようにしましょう。

その3 やっつける

十分に加熱することです。たとえ食品に菌がついていても、しっかり火を通せば菌は死んでしまいます。全ての食中毒が予防できるわけではありませんが、75度以上で1分以上加熱する方法は、大腸菌やサルモネラ菌、腸炎ビブリオなどに効果的です。
ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも、細菌やウイルスが付着します。
特に肉や魚、卵などを使った後の調理器具は、洗剤でよく洗ってから、熱湯をかけて殺菌しましょう。台所用殺菌剤の使用も効果的です。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です