ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  10月10日は目の愛護デー!
ここから本文です。

10月10日は目の愛護デー!

OCT検査を受けてみませんか? 
~~ 緑内障の早期発見 ~~

10月10日は、目の愛護デーです。
これは、10.10を横にすると、人の顔の目と眉に見えるからだそうです

OCTとは、Optical Coherence Tomography(光干渉断層計)の略で、光の干渉現象を利用することによって、針を刺したり造影剤などを使うことなく、安全に眼の組織の断面像を観察・測定することができる装置です。

緑内障は、視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなったり、一部が見にくくなる病気です。
40歳以上の20人に1人の割合で緑内障患者が存在すると言われていますが、ゆっくり進行するため、自分ではなかなか気付きません。
一度障害された視神経を元に戻す方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。
したがって、できるだけ早期に緑内障を発見し、早期に治療を開始することが大切です。
また、緑内障は日本人の失明の原因疾患の第1位でもあります。治療せずに放っておくと失明につながるおそれがあります。


日本人の中途失明の原因疾患

OCT検査では、極初期の段階で緑内障を発見することができます。
早期発見のため、OCT検査を受けてみませんか?


眼球の構造とOCTの検査部位


OCT検査機器と撮影画像の例

☆ 検査は直接眼に触れることなく、装置にあごをのせて、眼を撮影するだけです。
痛みはありません。
☆ 検査の時間は、個人差がありますが、5~10分程度です。
☆ 費用は、3割負担で600円です。

眼科医師 喜田 有紀

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です