ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  人間ドックのおすすめ
ここから本文です。

自分のカラダも定期的なチェックを
人間ドックのおすすめ

 日本人間ドック学会が4月4日、厚生労働省と報道機関に「新たな健診の基本検査の基準範囲 日本人間ドック学会と健保連による150万人のメガスタディー」という表題の内容を公表しました。
 概要は、2011年に人間ドックを受けた約150万人のうち、「たばこを吸わず、持病がない」などの条件を満たす約34万人の「健康な人」から5万人を抽出して、27検査項目を調べたものです。
 その結果は、これまで130未満を「異常なし」としていた収縮期血圧は147でも健康でした。
 同様に「異常なし」が85未満だった拡張期血圧も97で健康。
 25以上を肥満としているBMI=肥満度を見る体格指数、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=の正常範囲も男性で18.5~27.7、女性は16.8~26.1でした。
 総コレステロール値は220未満が正常とされていますが、男性では254まで、女性では、30~44歳が238まで、45~64歳が273まで、そして65~80歳が280まで正常でした。

 この結果は、大きな反響を呼びました。
 今回の値で基準範囲内になったことで、「治療をやめても良いのか」「薬を飲まなくても良いのか」と感じた方もいらっしゃるかもしれません。
 しかし、この『基準範囲』は“超健康人”を対象に、性別・年齢別に数値を示した点であることに注意が必要です。しかも、あくまで検査結果の範囲を示したもので、将来の病気リスクを考慮しているものではありません。
 当の人間ドック学会も調査結果の公表は行ったものの、疾患の診断・治療・予防等判定のためのガイドラインは見直ししておらず、各専門学会も同様です。
 今回の値で基準範囲内になったからといって、「治療を受けなくてもよい」、「薬を中断しても良い」というわけではありません。医師は患者さんそれぞれの年齢や合併症を勘案して、対応しています。 持病をお持ちの方は自己判断せず、かかりつけ医師と相談するようにしましょう。

 今現在、健康な方でも、どこかに異常が潜んでいないか、自覚症状はなくとも、病気は静かに進行するものです。
 そうした病気の早期発見には、『人間ドック』が最適です。 
 1年に一度はご自身のカラダをチェックして、健康で元気な生活を送れるように心がけましょう。

人間ドックセンター部長 鵜飼 史貴

当院の人間ドックのご案内

当院の人間ドックは、尿検査、血液検査をはじめ、レントゲン検査や超音波検査などで各種がんの早期発見に努めています。
また、女性の方のオプション検査でも、マンモグラフィー、マンモエコー、子宮がん検査なども充実しています。

日帰り人間ドックの基本料金(税込み)
名古屋市内にお住まいの方 40歳以上 23,112円
70歳以上 21,600円
上記以外の方 37,260円

お申し込みは人間ドックセンターへ:TEL(052)932-7174 平日9:00~16:30

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です