ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  生理痛、生理過多は治療できます
ここから本文です。

生理痛、生理過多は治療できます

子宮内黄体ホルモン放出システム(IUS ミレーナ®) が
保険診療で過多月経の治療に使えるようになりました。

生理痛(月経困難症)、生理過多(過多月経)は、器質的疾患(子宮筋腫、子宮内膜症等)の症状と、それらの無い機能性月経困難症、過多月経が有ります。
経腹超音波検査でも子宮筋腫、子宮内膜症があるか、ある程度わかります。
子宮筋腫、子宮内膜症等がある方は症状を軽くするために子宮筋腫、子宮内膜症の治療が必要です。

月経痛の治療

漢方薬

当帰芍薬散:
冷え、虚弱体質、浮腫傾 向の方に用います。
桂枝茯苓丸:
冷えのぼせの方。
芍薬甘草湯:
筋肉に対する抗痙攣作用があります。

過多月経の治療

薬物療法
  • 止血剤
  • 卵胞ホルモン、黄体ホルモン配合剤
    (エストロゲン,プロゲスチン配合剤)
  • 子宮内黄体ホルモン放出システム
手術療法
  • 子宮内膜焼灼術
  • 子宮鏡下手術 等


エストロゲン,プロゲス千ン配合剤 ルナベルLD® ルナベルULD® ヤーズ® は、月経困難症、子宮内膜症治療に用います。多くの方で内服開始周期から症状は軽くなります。しかし、35歳以上でタバコを1日15本以上吸う方、乳がん、子宮がんにかかった方、血栓症にかかったことのある方、高血圧、血管病変を伴う糖尿病の方等、服用出来ない方があります。

子宮内黄体ホルモン放出システム ミレーナ®は、子宮内で持続的に黄体ホルモンを放出するシステムです。黄体ホルモンの作用で子宮内膜を薄くします。装着3ヶ月ほどで月経量は多くの方で減少します。ミレーナ®は、自費診療で避妊目的にも使用されます。

産婦人科 山口陽子

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です