ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  高齢者の熱中症予防
ここから本文です。

高齢者の熱中症予防

熱中症とは・・・

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
社会の高齢化、核家族化などにより、高齢者の熱中症が重症化しています。

高齢者の熱中症の特徴


屋内での発症、重症例が多い

熱中症になったら・・・

  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ、身体を冷やす
  3. 水分と塩分を補給する


自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急隊を要請しましょう!

熱中症の予防

「水分補給 」と「暑さを避けること 」が大切!

水分・塩分摂取について

塩分と水分が適切に配合された経口補水液 = OS-1など。 スポーツドリンクは塩分が少なく、糖分が多い。 梅昆布茶味噌汁などもミネラル、塩分が豊富に含まれており、 熱中症の予防に有効と考えられています。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です