ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  “お薬手帳”を活用しましょう
ここから本文です。

“お薬手帳”を活用しましょう

お薬手帳とは・・・?

いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。
複数の医療機関を受診する時や転居した時など、“お薬手帳”を見せるだけであなたのお薬のことをわかってもらえます。

お薬手帳を活用しましょう

医療機関にかかるときは必ず持っていき、診察時、また薬を受け取る際に見せましょう

お薬手帳があれば、どんな薬を飲んでいるのかなど基本情報がすぐに伝わり、的確な治療の助けとなります。
薬の重複や良くない飲み合わせを未然に防止することができ、薬をより安全に飲むことができます。

お薬手帳は一冊にまとめましょう

飲んでいるすべての薬を「一冊で」記録することが大切です。
病院ごとや薬局ごとに別々のお薬手帳を作らないようにしましょう。

アレルギー歴や副作用歴は、お薬手帳に必ず記録しましょう

お薬手帳にアレルギーや今まで経験した副作用が書いてあれば、副作用の未然防止に役立ちます。

市販薬やサプリメントを買う際にも、薬剤師へお薬手帳を提示しましょう

思いがけない良くない飲み合わせが見つかることがあります。
使用している市販薬やサプリメントについてもお薬手帳に記録しましょう。

いつも携帯、もしくはいつも同じ場所に保管しましょう

旅行先で病気になった時や災害時に避難した時、急に具合が悪くなって受診する際など、お薬手帳があれば、あなたが飲んでいる薬を正確に伝えられます。
ご家族にも、あなたがお薬手帳を持っていることを知らせておきましょう。

体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことを書いておきましょう

薬を飲んでいて気になることがあった場合、お薬手帳に記載し受診時に見せれば、より速やかに情報が伝わります。



ご不明な点がございましたら、薬局までお尋ねください!!

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です