ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  中耳炎について
ここから本文です。

中耳炎について

中耳炎について

中耳炎は、主に細菌が中耳に入り炎症を起こす病気です

比較的、子供に多くみられますが、大人でもかかる場合があります。
成長途中の乳児や子供は、耳管(じかん)が未発達で十分な長さがなく、また角度も水平に近く、細菌などが侵入しやすいと考えられています。
このため、風邪をひいたとき、鼻や喉(のど)に病気が起こったときなどは、特に中耳炎にかかりやすいとされます。

中耳炎という病名は、耳の構造に由来します

耳は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)に分けられ、中耳で起こった炎症を中耳炎といいます。
中耳は、耳管(じかん)といわれる通路で鼻から入ってきた空気が出入りできるようになっています。一方、耳管は鼻に通じているためウイルスや細菌が侵入するルートにもなります。

中耳炎は、急性中耳炎と慢性中耳炎に分けられます

急性中耳炎が3ヵ月以上続いて治らないときは慢性中耳炎といわれます。
急性中耳炎が治った後、中耳に浸出液(しんしゅつえき:炎症などが原因で周囲の組織からしみ出した液体)が溜まったままになることがあり、これを滲出性(しんしゅつせい)中耳炎といいます。
滲出性中耳炎は、子供に多くみられる中耳炎です。

日常生活で注意したいこと


医師から治ったといわれるまでは治療を続けてください。自己判断で治療を中断すると慢性中耳炎になり、難聴を起こすことがあります。

   ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です