ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  睡眠時無呼吸症候群(SAS)診療を開始します!
ここから本文です。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)診療を開始します!

簡易検査からCPAP療法までのトータル診療

このような症状の方に、まずは当院の外来受診をお勧めしています!

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が疑われる方には、次のような手順で検査・治療を行います

  1. 「内科」又は「耳鼻咽喉科」のいずれかを外来受診し、呼吸機能低下の原因をチェック
  2. 自宅に簡易検査(スクリーニング)用の検査装置を持ち帰り、睡眠中の無呼吸回数などをモニタリング
  3. 再度外来受診していただき、簡易検査結果を数値で表したAHI(無呼吸低呼吸指数)に基づき、治療や精密検査(PSG検査)の必要性を評価
  4. 簡易検査で異常が認められた場合、当院にてPSG検査(1泊2日入院による精密検査)を受けていただき、頭部・顔・身体に必要な機器を取り付けて睡眠状態の詳細(脳波・眼球運動・心電図・呼吸曲線・いびき・動脈血酸素飽和度など)を一晩にわたってモニタリング
  5. PSG検査によって収集したデータを解析し、無呼吸症候群かどうかを確定診断
  6. 無呼吸症候群であると診断された場合、閉塞性SASであれば、自宅での睡眠時に症状に適したCPAP(持続陽圧呼吸療法)の装置やマウスピースを装着する治療を開始し、その後は月に1回程度の外来受診により治療

一定の条件を満たせば健康保険適用に

お問い合わせ

名古屋逓信病院 医事係 (052)932-7152(9:00~17:00)までお電話ください。

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です