ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  トピックス  第12回「JPUC~葵フォーラム~」を12月25日(金)に開催しました。
ここから本文です。

12月の~葵フォーラム~

25日(金)に行われました、フォーラムの様子です。
今回は、47名の方に参加していただきました。

講演会

今月は、「厚生労働省・内閣府・財務省の主張は変わらなくなってきた」というテーマで、社会医療法人大雄会 法人本部 地域戦略担当部長 清原 義徳 先生にご講演いただきました。

今年を締めくくる講演に相応しく、日本の医療情勢について、国の財政状況を背景にお話しいただきました。
さすが韓国通の清原さんらしく、高齢化社会・超高齢化社会に日本以上のスピードで突き進んでいる韓国が、どのような医療体制を築きつつあるのか、その現状もお示しいただきながら、日本の医療体制をどうしたらよいのか、を問いかけていただきました。

事例検討グループワーク

今回は。。。
在宅療養にお帰りいただけた、依存心の強い中咽頭がんの方の事例でした。
経管栄養から経口にこぎつけることができたことは、各施設のスタッフの頑張りです。

うまくいった症例ではありますが、一方で、
☆まだまだ介護保険申請やサービス導入など、早く手が打てたのではないか? 
☆本人と医療・介護スタッフとの意識のギャップを埋める手立てがあったのではないか?

など、熱心な議論がありました。
使用されている医療器材の申し送りにも、ケース・バイ・ケースで患者特有の付言をする必要がありそうです。

第13回目の葵フォーラムは

年明け1月22日(金)になります。
◆診療報酬改定に関して、分析速報をスズケンの方にお願いしております。
◆症例検討もひきつづき、名大病院 ⇒ 当院 ⇒ 在宅の事例をご用意させていただく予定です。とくに今回は、新春企画にふさわしく(?)、看取りの症例になる予定です。

☆☆☆ 勉強会や講演会などの企画案を募集いたします ☆☆☆

参加されている方はもちろん、今後参加を希望される方でも、「こんな企画なら行きたい!」というものがありましたら、電話でも、メールでも、手紙でも結構です。ぜひ、ご連絡ください。
お待ちしております!

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です