ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  外来診療のご案内  各診療科からのお知らせ  ローカーボ食について
ここから本文です。

ローカーボ食について

ローカーボ食とは、炭水化物(Carbohydrate→カーボ)を少なめ(low→ロー)にする食事療法のことです。ちまたで氾濫している炭水化物を悪者とする糖質制限食とは違い、科学的に研究された適切な糖質制限割合(マイルドな糖質カット)を推奨します。また、とくに日本人においては、大規模研究データに基づき脂質を多めに摂ることをおすすめしています。

そんな細かいことまで考えながら、適切な食事内容を設定していきます。

アルコールのお好きな方には、その中味についてもご相談に応じております。(必ずしも禁酒する必要はありません。)

一般論としてローカーボ食は、糖尿病や肥満によく適合し、うまく使えば高血圧・脂質異常症にも適用できる栄養療法です。
一方、やせ気味の方や痛風の方などに、この栄養療法を使うと、かえって有害になる可能性の高いケースもあります。

詳しくお知りになりたい方は、拙著「正しく知る糖質制限食(編著:NPO法人日本ローカーボ食研究会)」や、日本ローカーボ食研究会のHP(http://low-carbo-diet.com/別ウィンドウで表示します。)がご参考になるかと思います。

なかなか単純に答えが得られないことを理解していただけるものと思います。
したがって、自己判断で適当に炭水化物を減らすことはお勧めできません。

ご興味のある方は、ぜひ当院にてご相談ください。
医師・管理栄養士が、ご対応させていただきます。
皆様の健康生活のために、少しでもお役にたてれば幸いです。

内科医師:名古屋大学病院講師 地域包括医療連携センター 中村 了

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です