ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  病院のご紹介  輸血拒否に関する基本方針(東京逓信病院)
ここから本文です。

輸血拒否に関する基本方針(東京逓信病院)

 当院では、宗教上の理由による輸血拒否に対しては、下記の対応をいたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

  1.  当院では、輸血拒否に対しては、「相対的無輸血」(輸血が生命維持に必要な場合は輸血を行うこと)を基本方針とします。
  2.  「宗教的に輸血を拒否する患者さん」に対しては、患者さんの意志及び権利を尊重し、可能な限り無輸血の治療を行います。
  3.  絶対的無輸血(輸血が生命の維持に必要な場合でも輸血を行わないこと)を希望される場合には、対応可能な他の医療機関へ受診をお勧めします。
  4.  「相対的無輸血」の説明を受け、当院での治療を選択された場合、生命に危機が及び、輸血を行うことによって生命の危機が回避できる可能性があると判断した場合は輸血を行います。この場合には、輸血の同意・署名が得られなくても、意識の有無、年齢にかかわらず輸血を行います。
  5.  救急搬送された場合や院内での予期しない急変の場合等、時間的な余裕がなく絶対的無輸血に対応する医療機関への転院が不可能で、輸血が生命の危機を回避する際に必要な場合は、緊急避難的に輸血を行います。

     なお、絶対的無輸血を行うために必要な「免責証明書」等、絶対的無輸血治療に同意する文章には署名いたしません。
 2017年1月16日
東京逓信病院長

病院のご紹介トップへ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です