ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  地域医療連携  地域医療連携関係資料集一覧  MRI検査を依頼されるときの注意事項
ここから本文です。

MRI検査を依頼されるときの注意事項

MRI検査はX線を使用せずに、磁石と電磁波の力によって人体の色々な断面を撮影していきます。検査の際は装置の筒型の中に15~20分間ほど入っていただいている間に、大きな音を鳴らしながら患者さまに電磁波を当て患者さんから戻ってくる電磁波を捕らえ画像作成をしています。

MR検査は電磁波を使用するため、妊娠の可能性がある方、もしくは妊娠されている方への検査を控えさせていただいています。現段階(平成17年2月現在)で人体(特に胎児)への影響について安全であるとの報告がなされていないためです。(どうしても必要な時は例外として行なう時もあります。)

以上の理由により、体内への心臓ペースメーカーなどの体内金属留置の方はもちろんのこと、妊娠されている方へのMRI検査は行えませんので問診等で十分に確認された上でご依頼ください。

東京逓信病院 放射線科

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です