ここがページの先頭です。
ページ内移動メニュー
ヘッダーメニューへ移動します
共通メニューへ移動します
現在の場所へ移動します
本文へ移動します
サイドメニューへ移動します
現在の場所
ホーム  地域連携室ニュース  地域連携室ニュース 連携医を訪ねて(第19回)
ここから本文です。

地域連携室ニュース 連携医を訪ねて(第19回)

当院と連携されている医療機関をご紹介いたします

 シリーズ第19回目は、世田谷通り桜内科クリニックで院長をされています久田哲哉先生に東京逓信病院の印象などを当院、地域連携・医療福祉相談室長の江藤 隆史副院長兼皮膚科部長がインタビューに伺った模様を紹介します。

【久田院長へのインタビュー】

「世田谷桜内科クリニック」
 久田 哲哉 院長

久田院長顔写真

経歴
昭和55年東京大学医学部卒業、東京大学第二内科、都立駒込病院、三井記念病院、東芝(中央)病院勤務等を経て、平成3年東京逓信病院呼吸器内科勤務、平成13年同院呼吸器内科部長就任。平成27年5月世田谷通り桜内科クリニック開院。現在は、院長として、また当院の客員部長としても活動している。


診療所の特色について

(江藤)東京逓信病院の江藤です。当院に望むことや他の連携医の先生方のご活動を知っていただき、活発な連携の輪を広げていきたいと思って企画しております。まず、始めに先生のご経歴と診療所の特色をお教えください。
(久田)私は、東京大学医学部を卒業し、東京大学第二内科、都立駒込病院、三井記念病院、東芝(中央)病院勤務等を経て、平成3年から東京逓信病院呼吸器内科に勤務しました。平成13年から呼吸器内科部長に就任し、平成27年5月に世田谷通り桜内科クリニックを開院し、現在は院長として、また貴院の客員部長としても活動しております。

写真2

(江藤)なぜ、世田谷に開業しようと思ったのですか。
(久田)元々、生まれ育った街の地域医療に貢献したいという思いから開業しました。
(江藤)人通りが多いようですが、どのような患者さんが多いですか。
(久田)場所柄、地元にお住まいの患者さんが中心で、年齢層も幅広いです。
(江藤)院内の設備は、どのようなものがございますか。
(久田)レントゲン一般撮影装置(X線)、心電図、スパイロメーター(呼吸機能検査)、呼気NO(一酸化窒素)測定器等を備えておりますので、慢性閉塞性肺疾患(COPD)や気管支ぜんそく、長引く咳など呼吸器診療全般に対応出来ます。また、血算やCRPも院内で測定できる態勢をとっております。

日頃の診療業務等でご苦労されていること…

(江藤)開業されてからのご苦労など何かございますか。
(久田)開業してから1年弱ですが、糖尿病や認知症、更年期障害など新しい分野の知識を習得しながら楽しく診療しています。
 また、病院勤務時代は病状が安定すると来院しなくなってしまう患者さんが多かったですが、現在は患者さんの9割が徒歩圏内にお住まいということもあり、気軽に寄っていただけるので、経過が分かり易くしっかりフォローが出来ます。治療してもなかなか良くならない患者さんを繰り返し診てきたのが、良くなった患者さんも含めて診療できますので、苦労というよりは今は楽しく診療しております。
(江藤)それが、「かかりつけ医」というものですね。患者さんの具合が悪い時だけではなく、良い時も含めて全体的に診られており、地域に密着して診療していることに生き生きとされているご様子がこちらにも伝わってきます。

東京逓信病院との関係・印象を…

写真3

(江藤)先生は、以前当院に勤務しておりましたが、外から見て改めて当院の印象はいかがでしょうか。
(久田)まだまだ貴院の一員の気分なのですが・・・。貴院勤務中から感じておりましたが、他病院と比べて医療機器やスタッフが充実していると思います。また、先生方の横断的な繋がりが良くフットワークが軽いので、病診連携が非常にスムーズだと感じています。個人的には、「顔の見える」以上に良く知った医療スタッフや事務の方々がいることもあり、貴院を診療面での”最後のとりで”と考えています。それ以外にも症例検討会等を通じて専門外のことを学ばせていただける機会があり、有難いと思っています。
(江藤)当院も4月から新たに脳神経外科に川本医師や整形外科に平岡医師が加わり、また、昨年から乳腺センターの緒方医師、内分泌・代謝内科には勝田医師もいますので、引き続き各科に紹介よろしくお願いします。
(久田)紹介を受ける側の大変さも身にしみて分かっているため、これまで多少遠慮してきた面もありますが、今後は積極的に紹介させていただきます。
(江藤)他にございますか。
(久田)開業して改めて、これまで関わった、事務系を含めた全てのメディカル、コメディカルスタッフの方々に、心から感謝の気持ちを感じています。

当院に求めるものは…

写真4

(江藤)当院に今後、望むことはありますか。
(久田)スタッフの方もお忙しくて大変だと思いますが、午後の初診予約の枠を少し増やしていただけるといいなと思います。
(江藤)今後の検討課題としたいと思います。他にございますか。
(久田)地理的に最寄駅から多少離れてはおりますが、呼吸器内科疾患に限らず、世田谷方面の患者さんを逆紹介いただいて連携を図れればいいなと思っております。よろしくお願いいたします。

(江藤)貴重なご意見ありがとうございました。本日は、お忙しい中、ありがとうございました。

連携医を訪ねて 目次へ

ここまで本文です。
ここからサイドメニューです。 ここまでサイドメニューです。
^このページの一番上へ
【画像】印刷用のフッター画像です